Counter-Strike の開発者による最新 FPS『Tactical Intervention』が Free-to-Play でサービス提供中

Tactical Intervention
Counter-Strike の開発者 Minh “Gooseman” Le 氏が Source Engine をベースに開発した FPS『Tactical Intervention』がが Free-to-Play でサービスを提供中です。

Tactical Intervention

サービスがローンチされたのは先月で、現在は Counter-Strike でもお馴染みの下記モードをプレーすることが出来るようになっています。

プレー可能なゲームモード

  • Team Death Match – チームデスマッチ。規定のフラグ数に先に到達した方が勝利。
  • Hostage Grab – 先に人質全員を救助したチームが勝利。
  • Hostage Rescue – Counter-Terrorist が人質を救出、Terrorist が妨害するモード
  • VIP Escort – Counter-Terrorist がキャプチャポイントまで VIP を警護し、Terrorist はその間に暗殺を狙うモード
  • Bomb Plant – Terrorist のがポイント爆破を狙い、Counter-Terrorist はそれを妨害するモード

Tactical Intervention

Tactical Intervention

この他に、日本のオンライン FPS のように、運営チームによるイベントも実施されておりそちらに参加する事でゲームを楽しむことが出来るようになっています。

本日から GM を探して倒しスクリーンショットを送信することでゲーム内アイテムを獲得できる「Seek and Destroy Event」が実施されています。

興味のある方は以下からクライアントをダウンロードしプレーしてみて下さい。クライアントは約 1.7 ギガほどあります。
→すいませんエリア制限がかかっていて日本からはプレーできませんでした…

error

情報元

コメント

sakuran

海外に友人がいるのでいくつかのモードをプレイしてもらってきましたが、ひどいものだといっていました。

・武器の先端のせいで敵が良く見えない。
・武器の切り替えがしづらい。
・カーチェイスをするモードではチームキルが強制有効なのかわかりませんがどのルームに入ってもチームキルされたそうです。
・本土からプレイしているにも関わらずラグがひどい。

あまり期待するべきではないのかもしれません・・・

R@yZin

もう少し魅力的な動画に出来なかったのだろうか