プロゲーマーを目指す韓国プレーヤーのドキュメンタリムービー『STATE OF PLAY』のオンライン販売がスタート

STATE OF PLAY

プロゲーマーを目指す韓国プレーヤーのドキュメンタリムービー『STATE OF PLAY』のオンライン販売が開始されています。

STATE OF PLAY

『STATE OF PLAY』は 5 月 4 日にベルギーで開催された『International Documentary Film Festival』にて上映され韓国のプロゲームシーンを舞台としたドキュメンタリムービーです。

主要な登場人物は 3 人。

1 人目は、17 歳でプロゲーマーととなり『World Cyber Games 2009』金メダリスト、韓国 eスポーツ協会が選出するプレーヤーオブザイヤー(2007)を獲得した Lee Jae Dong 選手。

Lee Jae Dong 選手

2 人目は、Lee Jae Dong 選手のようなプロゲーマーを目指し、プロゲーマーライセンスが手に入るプロゲーマーの登竜門「Door to Challenge」に挑む 16 歳のアマチュアゲーマー ParkYo Han 選手。

ParkYo Han 選手

そして、最後は「Door to Challenge」を経て Woongjin Stars の一員となり、家元を離れ新人の半数が挫折し去って行くというチームハウスでの過酷なトレーニングに挑む 16 歳の Kim Joon Hyuk 選手。

Kim Joon Hyuk 選手

この 3 人を通じて、eスポーツの真の素顔を伝えるのが『STATE OF PLAY』のコンセプトとなります。

価格は通常版が$9.99、デラックス版が$14.99となっています。
動画はストリーミング版が英語字幕付、ダウンロード版は複数言語に対応しています。

また、デラックス版には未公開シーン、IM.Mvp選手が登場する「Rise of the King」(2013年12月公開)、オンライン仮想世界をテーマにした「Inside the Metaverse」(2013年10月公開)が映像特典となっています。

購入は以下の公式サイトからどうぞ。
支払い方法はクレジットカードまたPayPayとなっています。

情報元