SteelSeriesが開発したボタンスイッチを採用した右利き用デザインの光学式ゲーミングマウス『SteelSeries Rival』の予約受付をスタート

SteelSeries Rival

SteelSeriesが開発したボタンスイッチを採用した光学式ゲーミングマウス『SteelSeries Rival』の予約受付をスタートしました

SteelSeries Rival

『SteelSeries Rival』は右利き用デザイン、滑り止め構造となった両サイド、SteelSeriesが開発したスイッチを採用している点が特徴的な光学式ゲーミングマウスです。

Bruce Hawver氏のコメント (SteelSeries CEO)
私たちは最新の光学式ゲーミングマウスを Rivalと名付けました。このマウスは市場における価格カテゴリにおいて他の製品をしのぐものであると信じています。

新しいエルゴノミック形状と最高水準のハードウェア技術が、比べものにならない正確性、快適性、耐久性をお届けします。
このハードウェアと新しいSteelSeries Engine 3ソフトウェアを組み合わせることにより、ユーザーはマウス設定の方法を再定義する新しいカスタマイズ体験に出会うことになります。

センサー

  • センサー: Avago ADNS 3310 optical sensor (光学式)
  • CPI: 50 ~ 6,500
  • ポーリングレート: 1,000Hz
  • 最大読取速度: 秒速200インチ
  • 最大加速: 50g

特徴

  • 6つのプログラマブルボタン (SteelSeriesが開発したスイッチを採用)
  • 1,680万色のイリミネーションをホイール、表面のロゴに割り当て可能
  • ソフトタッチのコーティング
  • Injectedラバーサイドグリップ
  • 統合ソフトウェアSteelSeries Engine 3対応
  • ケーブル: ソフトラバー製
  • ケーブル長: 2メートル
  • サイズ: 縦145mm×横70mm×高さ40mm
  • 重量: 128グラム

サイズ比較

  • SteelSeries SENSEI – 縦125.5mm×横68.3mm×高さ38.7mm, 90グラム
  • SteelSeries Kinzu v2 – 縦117mm×横64mm×高さ36mm, 77グラム
  • SteelSeries Kana – 縦124mm×横64mm×高さ37mm, 72グラム
  • SteelSeries Rival – 縦145mm×横70mm×高さ40mm, 128グラム

現在の主要マウスと比べると Rival は若干大きめ。
形状的に、いわゆる Intellimouse Explorer 3.0を意識したラインナップのマウスと言えるでしょう。

マウスの後ろにあるネームプレートは、3Dプリンターを作って自分仕様にカスタマイズすることが可能とのこと。

価格は$59.99 / €59.99というでSteelSereies公式オンラインショップで予約が受付けられています

製品の出荷は2013年11月8日頃が予定されています。

情報元

コメント

Avatar bolippy

もう発売されて一年になるんかー
良いマウスだったけどドライバが糞だったよな

Avatar Delgohan

これは楽しみ
XiztさんがとうとうIkariから乗り換える時がくるのか

Avatar これ誰の乳首ー?俺のー!

すばらしいマウスだと信じてます

Avatar MamE

とりあえず人柱の「ドライバがクソ」という恒例レビューを読んでから考える

Avatar オキノ

このマウスは当たりだろうか、1ヶ月で壊れるマウスはもう懲り懲りです