eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

MLG Championship Columbus』DOTA2部門で Speed Gaming が優勝、ゲーム内アイテム売り上げによりより賞金総額が5万ドルから13万ドルに増加

MLG Championship Columbus

週末にアメリカで開催された『MLG Championship Columbus』DOTA2部門で Speed Gaming が優勝となりました。

MLG Championship Columbus

順位

  • 1位: Europe Speed Gaming – $68,381(50%)
  • 2位: China Team DK – $27,35(20%)
  • 3位: Ukraine Natus Vincere – $13,676(10%)
  • 3位: Europe Sigma.int – $13,676(10%)
  • 5位: Europe Fnatic – $2,735(2%)
  • 6位: Sweden Alliance – $2,735(2%)
  • 7位: United States Team Liquid – $2,735(2%)
  • 8位: United States Evil Geniuses – $2,735(2%)
  • 9位: United States Pretty Boy Swag – $2,735(2%)

MLG Championship Columbus

ファイナル

この大会は、ゲーム内アイテムの売り上げによって賞金が増額されていました。

最終的に、3万4784個のアイテムが購入され賞金総額は $136,960 まで増額されています。

ファイナル以外の試合を見たい方は、以下のページにまとめが掲載されているのでそちらをチェックしてみてください。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/