『GOM eXP』が年間視聴登録売り上げの10%をStarcraft2大会『2014 GSL Global Championship』の賞金に還元することを発表

2014 GSL Global Championship

『GOM eXP』が年間視聴課金売り上げの10%をStarcraftII大会『2014 GSL Global Championship』の賞金に還元することを発表しました

GOM eXP adding 10% of subscription revenue to prize pool total

『2014 GSL Global Championship』は、2014年4月17日~19日に『StarCraft II World Championship Series』のティア3として開催される大会です。

現在の賞金総額は $10,000 ですが、Twitchにおけるストリーミング配信の年間視聴登録売り上げの10%が賞金に割り当てられます。

賞金内訳 ($10,000)

  • 1位: $4,000
  • 2位: $2,000
  • 3~4位: $2,000
  • 5~8位: $2,000

GSL Yearly Regular ($54.99)

  • キャスターの直接的なサポート
  • Twitchに表示される課金者バッジアイコン (シルバー)
  • 5つの登録者用エモーティコン
  • 登録者限定モードでのチャット利用
  • 高画質ムービーヘのアクセス権
  • https://secure.twitch.tv/products/gsl_2014/ticket/new

GSL Yearly Regular ($89.99)

  • キャスターの直接的なサポート
  • 広告無し
  • Twitchに表示される課金者バッジアイコン (ゴールド)
  • 10個の登録者用エモーティコン
  • 登録者限定モードでのチャット利用
  • 映像ソースクオリティのビデオアクセス権
  • VODへのアクセス権
  • https://secure.twitch.tv/products/gsl_premium_2014/ticket

『StarCraft II World Championship Series』にはティア制度が導入されており、視聴課金によって賞金総額が$25,000以上になった場合、大会はティア2にアップグレードされます。そうなった場合は、各選手に割り当てられる WCSポイントが飛躍的にアップされることになります。

ティアごとの内訳については下記サイトにまとめられています。

課金の一部が賞金に還元される仕組みは、Valveが『DOTA2』の世界大会『The International 3』で導入し、元の賞金総額160万ドルが280万ドルに増額された実績があります

また、この仕組みは様々な『DOTA2』トーナメントやCounter-Strike: Global Offensiveの『2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』などでも導入されており、ファンが大会を応援する仕組みとして定番化しつつあります。

情報元