NBAヒューストンロケッツ所属のJeremy Lin選手が熱心なDOTA2プレーヤーであることが明らかに

DOTA2

NBAヒューストンロケッツ所属のJeremy Lin選手が、熱心なDOTA2プレーヤーであることを自身のFacebookページにて明らかにしていました。

NBAヒューストンロケッツのJeremy Lin選手DOTA2をプレー

Jeremy Lin選手は2/1に自身のFacebookページにてファンからの質問に答えており、その中で以下のようなやりとりをしていました。

Jeremy Lin

―Jeremy Lin選手と一緒にDOTA2をプレーできますか?
ぼくにソロmidをやらせてくれますか?

Jeremy Lin

―DOTA2をよくプレーするのですか?
週に何回かプレーします。バスケットボールの試合後の楽しみですよ。

以上のやりとりをみて、Jeremy Lin選手がDOTA2をプレーするのはファンの間では有名なことなのかと思って検索したところ、DOTA2コミュニティでは2年くらい前から話題となっていたことがわかりました。

ウォールストリートジャーナルのブログに掲載されたQ&AによるとDOTA2を兄弟でプレーしているとのこと。『LINSANITY: THE MOVIE』という有料動画には、Jeremy Lin選手が兄弟とDOTA2をプレーする様子が収録されているそうです。

中国のSgamer.comのインタビューによると、Jeremy Lin選手のお気に入りヒーローは Spirit Breaker、Phantom Assassin、Ogre Magiとのことでした。

ちなみに、ヒューストンロケッツのゼネラルマネージャーを務めるDaryl Morey氏もeスポーツのファンで、以下のような内容で以前に紹介しました。

情報元

ゲーム紹介