eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Red Bull Battle Grounds 2014』の競技タイトルに「DOTA2」が採用か

Red Bull Battle Grounds 2014

『Red Bull Battle Grounds 2014』の競技タイトルに「DOTA2」が採用されると思われる情報が公開されていました。

『Red Bull Battle Grounds 2014』にDOTA2採用か

『Red Bull Battle Grounds』は、『StarCraft II』を競技タイトルとし2013年11月23~24日にニューヨークで開催されました

昨年は8名のプロゲーマーが参加し「2012 Battle.net World Championship」「World Cyber Games 2012」の王者である Korea Won “PartinG” Lee Sak 選手が優勝しています。

先日、この『Red Bull Battle Grounds』2014年版の情報が『DOTA2』クライアント内のトーナメントページに掲載されました。

Red Bull Battle Grounds 2014

こちらには、「Red Bullは年末のグランドファイナルに続く複数のオンライン・ライブイベントを開催する計画で、2013年のイベントサーキットと同じく特集やプロモーションの実施を目指しています。」と記載されており「DOTA2」が『Red Bull Battle Grounds 2014』の競技タイトルとして使用される可能性が高そうです。

『Red Bull Battle Grounds 2014』について、何か新たな情報が出てきたらまた紹介したいと思います。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!