eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

onGamersが『League of Legends』プロチームのゲーム時間帯別ゴールド収入比較データを公開

Classifying Teams using Stats: Relative gold gains in 3 phases

onGamersが『League of Legends』プロチームのゲーム時間帯ごとのゴールド収入比較データを公開しました。

時間帯ごとのゴールド収入と勝利の因果関係は?

onGamersの記事では、ゲームの時間帯を3つに区分し、下記3つの大会でのデータを分析してデータを紹介していました。

時間帯

  • Early Game(0~10分)
  • Mid Game(10~20分)
  • Late Game(20~30分)

データ集計対象大会

  • NA LCS Spring Season
  • EU LCS Spring Season
  • HOT6iX Champions Spring 2014 (Group Stage)

今回の調査では、チームのゴールド収入を時間帯ごとに比較する方式で計算されています。

例:
0~10分におけるチームAの収入が14,000ゴールド、チームBが13,000ゴールドの場合、チームAが+7.69%

このデータから、調査対象となったチームがどの時間帯を最も得意としているかといったことや、ケームの決着時間帯などがあきらかにされています。

ゲームが30~40分で決着がつくことが最も多いのはどのエリアも同じなのですが、韓国は30分以下で決着が付く確率が24.1%、アメリカは19.6%、ヨーロッパは11.4%など、エリアごとの特性がわかるのが非常に面白いです。

全データは、情報元の記事からチェックしてください。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!