eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

DOTA2世界大会『The International 4』の賞金総額が500万ドル(約5億円)を突破

The International 4

2014年7月18~21日に開催されるDOTA2公式世界大会『The International 4』の賞金総額が500万ドルを突破しました。

The International 4

『The International 4』は、NBAシアトル・ストームのホームスタジアム「Key Arena」にて世界トップ16チームが参加し2014年7月18日(金)~21日(月・祝)に開催されます。

基本賞金総額は160万ドルで、「The International Compendium 2014」($9.99)が1つ売れるごとに$2.5、「The International Compendium 2014」をレベルアップさせるのに必要なポイントの購入金額の25%が賞金に配分されます。

現在、賞金総額は増えに増えて、下記の通り517万ドル(約5億2522万円, $1=101.59円)を突破しています。

DOTA2

優勝賞金は2億6000万円以上か

※賞金総額が最大600万ドルまで、と紹介していましたが誤りでしたので訂正しました(5/20)

今大会は、賞金の増額報酬が最大600万ドルまで設定されています。このままいけば数日中に達することは間違いないでしょう。

昨年大会は、賞金総額の約50%が優勝チームに配分され Sweden Alliance が約143万ドル(約1億4500万円)を手にしました。

今年も同じ配分率ならば、優勝チームには2億6000万円以上、そして約3億円が贈られることになります。

東南アジア予選開催中

本日から、『The International 4』の東南アジア予選が開催されています。

予選の優勝チームは『The International 4』の本戦出場権を獲得。
準優勝チームは、最後の出場枠をかけて本戦会場で行なわれる「Play-in Series」に出場することができます。

出場チーム、ストリーミング、スケジュールは下記のページにまとまっているのでチェックしてください。
タイムゾーン「SGT」の項目に1時間足したのが日本時間になります。

また、アメリカ代表を決定するアメリカ予選の決勝戦 United States Team Liquid [vs] United States North American Rejectsは、現在 2-2 となっています。
決着となるGame5は、サーバーの問題で延期され日本時間の5/17(土)5時頃よりスタート予定となっています。
ストリーミングはTwitchのDotaCinemaかjoinDOTAチャンネルあたりをチェックすればよいのではないかと思います。

――――

『The International』に興味が沸いた方は、ドキュメンタリムービー『Free to Play』をチェックしてみてください。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar これ誰の乳首ー?俺のー! says:

    やばwwwwwwwwww