eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

DOTA2世界大会『The International 4』の賞金総額がファンの支援により700万ドル(約7億円)を突破

The International 4

2014年7月18~21日に開催されるDOTA 2公式世界大会『The International 4』の賞金総額が700万ドルを突破しました。

The International 4

『The International 4』は、NBAシアトル・ストームのホームスタジアム「Key Arena」にて世界トップ16チームが参加し2014年7月18日(金)~21日(月・祝)に開催されます。

基本賞金総額は160万ドルで、「The International Compendium 2014」($9.99)が1つ売れるごとに$2.5、「The International Compendium 2014」をレベルアップさせるのに必要なポイントの購入金額の25%が賞金に配分されます。

その賞金総額が、ついに700万ドル(約7億1092万円, $1=101.26円)を突破しています。

DOTA2

『The International 4』は、単一ゲーム大会における賞金総額の最高額記録を更新しつづけています。

The International 4出場チーム

予選が終了し、本戦出場となる16チーム中15チームが決定しました。

本戦出場

  1. Sweden Alliance (2013年王者) – 招待
  2. Malaysia Titan eSports – 招待
  3. United States Evil Geniuses – 招待
  4. Europe Fnatic – 招待
  5. China NewBee – 招待
  6. China ViCi Gaming – 招待
  7. Ukraine Natus Vincere (2011年王者) – 招待
  8. China Team DK – 招待
  9. China Invictus Gaming (2012年王者) – 招待
  10. World Cloud9 – 招待
  11. Russia Team Empire – 招待
  12. United States North American Rejects – アメリカ予選 1位
  13. Malaysia Arrow Gaming – 東南アジア予選 1位
  14. China LGD Gaming – 中国予選 1位
  15. Europe mousesports – ヨーロッパ予選 1位

Play in Series 出場チーム

  1. United States Team Liquid – アメリカ予選 2位
  2. Korea MVP Phoenix – 東南アジア予選 2位
  3. Russia Virtus Pro – ヨーロッパ予選 2位チーム
  4. China CIS – 中国予選 2位チーム

残り1チームは、本戦会場にて実施される『Play in Series』にて決定されます。
こちらは、各国予選の2位チームが参加して実施となります。

DOTA2の月間ユニークユーザー数が800万人突破、最大同時接続数は76万人以上

DOTA2の公式サイトに掲載されている情報によると、下記の通り月間ユニークユーザー数が800万人を突破しています。

Players

また、ゲームの最大同時接続数は下記のとおり76万人以上となっていました。

Players

2位のCounter-Strike: Global Offensiveに63万人差をつけてSteamゲームの圧倒的人気タイトルとなっています(CS:GOは前に比べればかなり伸びているタイトルです)。DOTA2は一時期、最大同時接続数が80万を記録していたこともありました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/