eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Major League Gaming World Finals』Dota2 部門のヨーロッパ予選が9/15(火)より開催

Major League Gaming World Finals

10月16~18日にアメリカで開催される『Major League Gaming World Finals』Dota 2部門のヨーロッパ予選が9/15(火)よりスタートします。

Major League Gaming World Finals

『Major League Gaming World Finals』は、『Major League Gaming』の100回目記念のライブイベントとして賞金総額50万ドルで実施されます。

  • 開催日: 2015年10月16~18日
  • 開催地: Morial Convention Center (アメリカ・ニューオーリンズ)
  • 競技ゲーム: Dota 2、Call of Duty: Advanced Warfare
  • 賞金総額: $500,000

本戦出場チーム

招待

  • Europe Team Secret
  • Korea MVP Phoenix
  • China LGD Gaming
  • China CDEC Gaming
  • Russia Virtus Pro
  • United States Evil Geniuses

予選

  • Europe ヨーロッパ予選優勝チーム
  • United States アメリカ予選優勝チーム

出場は全8チームとなる予定で、招待が6チーム、予選通過チームが2チームという内訳になります。

予選はアメリカとヨーロッパで行なわれ、各予選の優勝チームが本戦出場権を獲得します。

ヨーロッパ予選出場チーム

  • Russia Team Empire
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • Russia Vega Squadron
  • Sweden The Alliance
  • World Monkey Business
  • Europe Monkey Freedom Fighters
  • Ukraine Natus Vincere
  • Europe 5JuNGz
  • Greece Golden Boys
  • World CIS Rejects

ヨーロッパ予選には招待された10チームが出場。
予選はシングルイリミネーション方式のトーナメントで行なわれ、各試合はBest of 3で実施されます。
Season1優勝のRussia Team Empire、Season2優勝のSweden Ninjas in Pyjamasはシードとなり、準決勝からの登場となります。

試合はMLG.tvにおけるストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!