eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロゲームチームNatus Vincereが低迷するDota 2部門の解散を発表、2011年の公式世界大会優勝チーム

Natus Vincere

プロゲームチームNatus Vincereが、公式サイトにてDota 2部門の解散を発表しました

Natus VincereのDota 2部門が解散

Natus Vincereは、2011年に開催された公式世界大会『The International 2011』にて、強豪中国の China EHOMEを下し前代未聞の優勝賞金100万ドルを獲得した Dota 2界のレジェンドチームです。

Natus Vincereにはその実力とユニークなキャラクターで人気を博すスーパースター Ukraine Danil “Dendi” Ishutin選手が所属しており、Valveの公式ドキュメンタリムービー『Free to Play』にてその活躍を見ることができます。

チームは5年連続で公式世界大会『The International』に出場し、2012年、2013年に2位を獲得した他、様々な国際大会で優勝を果たしてきました。
しかし、2014年に入ってから調子を落とし初め、2014年の世界大会はベスト8、そして2015年大会ではベスト16となりました。

2015年11月16~21日に開催される賞金総額300万ドルのDota 2世界大会『The Frankfurt Major』では招待チームに選ばれず、ヨーロッパ予選から本戦への出場を目指していましたが、予選グループで最下位となり通過はなりませんでした。

チームはこの結果を見て、Dota 2部門を解散することを決定したとのことです。

Igor “caff” Sydorenko氏のコメント (Natus Vincere, COO)

長らくのチーム低迷が続いた後に、私たちは対策としてDota 2部門を完全に解散させなくてはなりませんでした。

全てのファンとNatus Vincereのスタッフを代表し、いつでも私たちのために尽くしてくれたメンバー達の働きや感情に感謝の意を表します。

しかし、遅かれ早かれ古き英雄たちの時間は過ぎ去っていきます。運命は私たちに新たな挑戦を与えます。私たちはそれを受け入れ、Natus Vincereがチャンピオンチームであることを証明する必要があります。

ex-Natus Vincere Dota2

  • Ukraine Oleksandr “XBOCT” Dashkevych
  • Ukraine Danil “Dendi” Ishutin
  • Ukraine Gleb “Funn1k” Lipatnikov
  • Russia Akbar “SoNNeikO” Butaev
  • Russia Andrew “PSM” Dunaev

Natus VincereはこれでDota 2における活動を終了させるつもりはなく、来週に新たなメンバーの発表を行なう予定とのこと。シーンでお馴染みの顔を見ることになるかも知れないとのことで、有名選手が参加する可能性を示唆していました。

これまで所属していた選手達の今後については、今の所まだ明らかにされていません。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/