eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『QPAD』がゲーミングマウス『QPAD DX-20』を発表、『Microsoft Intellimouse 1.1』の形状をインスパイア

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

『QPAD』が『Microsoft Intellimouse 1.1』をインスパイアしたゲーミングマウス『QPAD DX-20』を発表しました。

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』は、すでに生産終了となったもののゲーマーに人気を博した『Microsoft Intellimouse 1.1』をインスパイアしさらに改良させたデザインを採用したオプティカルゲーミングマウスです。

Microsoft Intellimouse 1.1
Microsoft Intellimouse 1.1

マウスの形状は左右対称で、パームグリップ、クロウグリップのどちらでも快適に使用可能とのこと。『Microsoft Intellimouse 1.1』インスパイアといいながらも形状はことなっており、マウスのサイドボタン2個は左側面のみに配置されていました。

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

加速を無しの仕様となっていることから、マウス操作と画面カーソルの移動が一対一となり、プレーヤーが意図したとおりの挙動を実現しています。

マウスはどこでも簡単に利用出来るようドライバレスの設計となっている他、128キロバイトのオンボードメモリに個人設定を保存可能とのことでした。

また、マウス底面にはRGB LEDをぐるりと一周搭載しており、こちらやスクロールホイール、QPADのロゴを光らせることが出来るようになっています。

価格は€69で、本日より開幕となった『DreamHack Winter 2015』の会場にて販売が開始されています

ゲーミングマウス『QPAD DX-20』

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/