AllianceのDota 2部門にEGMが加入、世界大会『The International 3』優勝メンバー5人が再集結

Grand Finals - Alliance Stands on Stage

Sweden AllianceのDota 2部門にSweden Jerry “EGM” Lundkvist選手が再加入したことが発表されています。

AllianceのDota 2部門にEGMが加入

Sweden Allianceは2013年に開催された公式世界大会『The International 3』で、元世界王者の Ukraine Natus Vincereを下し世界一に。
しかし、同メンバーで挑んだ翌年の『The International 4』ではまさかのベスト12という結果となっていました。

この後、Sweden AllianceからSweden Gustav “s4” Magnussonが Europe Team Secretへ、Sweden Jerry “EGM” Lundkvist 選手が Europe Team Tinkerに移籍となりメンバーはバラバラに。

Sweden Allianceは様々なメンバーをテストしながら活動を続けきましたが、大きな成果を上げる事が出来ず2015年シーズンも終盤を迎える状況となっています。

そして今回、8月のs4選手復帰に続いて、EGM選手も復帰となり、再び世界チャンピオンチームのメンバー達が集結することになりました。

Loda選手のコメント (キャプテン)

約1年半ほど前に、私たちは難しい決断を下しました。その決定は、Dota プレーヤーとしての私たちの歴史を永遠に変えるものでした。私たちはより強く、密接で、チームとしてより同調することを根ぞみ、非常に助けとなるプレーヤーをラインナップから削除しました。

本日、EGMの復帰を発表することをうれしく思います。あなたはこの決定を不思議に思うかもしれません。全てを勝ったラインナップ、失望と共に厳しい負けを経験した2年目のラインナップを再び作り直すのは怖いものです。あなたはこれは間違いだと言うかもしれません。しかし、私はこれを運命のように感じています。

EGM 選手のコメント

『The International 4』の後にAllianceを脱退して以来、私は他のいくつかのチームで成功を追求しました。しかし、再びAllianceに復帰するときがやってきました。古きチームメイト達と再びプレーするのを楽しみにしています。エキサイティングな時間が私たちの目の前にはあり、覚悟は出来ています!

Alliance

  • Sweden Jonathan “Loda” Berg
  • Sweden Gustav “s4” Magnusson
  • Sweden Henrik “AdmiralBulldog” Ahnberg
  • Sweden Jerry “EGM” Lundkvist
  • Sweden Joakim “Akke” Akterhall

情報元

ゲーム紹介