eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Virtus.pro Dota 2部門が替え玉選手起用のルール違反を謝罪、大会を出場辞退へ

Virtus.pro

Virtus.proのDota 2部門が回線トラブルに対処するため他チームの選手を起用した替え玉行為のルール違反について謝罪を行ないました。

Virtus.proが回線トラブル選手に代わり未登録選手を出場させるルール違反

今回の問題は、先日に開催された『The Summit 5』のヨーロッパ予選決勝戦 Russia Virtus.pro [vs] Greece Ad Finem戦のGame4で発生しました。

経緯

  • Game3で Ukraine ALOHADANCE 選手に回線トラブルが発生。インターネットカフェに向かうのでしばらく待って欲しいと説明
  • しかしUkraine ALOHADANCE 選手はすることなくゲームのポーズが解除され、4vs5で試合を継続しゲーム終了
  • Game4を前に回線が治ったとUkraine ALOHADANCE 選手がツイートし試合を実施。
  • しかし、Game4のUkraine ALOHADANCE 選手はアイテムスロットの配置、特にブーツとTown Portal Scrollの置き場所がこれまでと全く異なってていることから(Game4のアイテム配置これまでの配置)本人以外がプレーしていたのではとredditで指摘され問題に発展。
  • 最終的にチームが問題が事実であることをを認め、公式に謝罪するともに本戦出場を辞退

対象のゲームは、下記から見ることができます。

回線ロストが発生したゲーム

異なる選手が出場したゲーム

ちなみに、Game4に出場していたのは Vega Squadronの No[o]ne選手だったそうです。

Anton Cherepennikov氏のコメント(Virtus.pro, CEO)

Virtus.proファン皆様、主催者のBeyond The Summit、対戦相手のGreece Ad Finem、そしてDota 2コミュニティに謝罪いたします。Virtus.proはルールを破ったことについて認めると共に、トーナメントに出場し続けることは出来ないことを理解しています。より詳しくは改めてコメントを発表いたします。

Virtus.proは本戦出場を辞退し、ヨーロッパ予選2位の[ギリシア] Ad Finemが繰り上がりで本戦進出という結果となりました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar PAUM says:

    大昔のSKgamingの時ぶりにこんな記事みましたわ…