『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』を正式発表

『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』をリリース

『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』を正式発表しました。

eスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

『ZOWIE VITAL』は「使いやすさ」「パースナライズ」「音質の一貫性」を実現することを目標に開発されたゲーマー向けのUSBサウンドカードです。
台湾の展示会などで先行して公開されていましたが、公式サイトにて正式にアナウンスが行なわれました。

『ZOWIE』ブランドのゲーミングデバイスということで、他の製品とな同じく「ドライバレス」「プラグアンドプレイ」で動作する仕様となっています。一度設定を決めれば、後は『ZOWIE VITAL』を抜き差しするだけでいつでも同じサウンド設定を利用することが出来ます。

また、設定を変更したい場合は、Windowsのオーディオ設定画面を立ちあげることなくタッチパネルから簡単に調整可能。大会の会場に合わせて手元でオーディオ設定を簡単に反映することが出来るというわけです。

USBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

USBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

特徴

  • Bass / Treble / Vocal をタッチパネルから簡単に調整可能
  • 全てのサウンドをゲーム中に調整可能
  • ヘッドセット、スピーカーを同時に接続し、ボタンによって選択可能
  • サウンドパフォーマンス、ボイスクオリティをアップ
  • プラグアンドプレイで動作 (ドライバ不要)

製品の価格はいまのところ明らかにされていません。

2016年6月18~21日にスウェーデンで開催される『DreamHack Summer 2016』の「BenQ ZOWIE expo」ブースで製品を試用出来る他、会場内の「DreamStore」にて先行購入が可能になるとのことでした。

情報元