大学教授の肩書きを持つDota 2解説者Nahaz氏がcompLexity Gaming Dota2部門のコーチに就任

compLexity Gaming

compLexity Gaming が Dota 2部門のコーチ就任に関する発表を行ないました。

Nahaz氏がcompLexity Gaming Dota2部門のコーチに就任

Alan “Nahaz” Bester氏はイギリスのウェスタンオンタリオ大学における経済学の教授という肩書きを持ちながら、Dota 2のメジャー大会における解説者として知られる人物です。

このバックグラウンドを元に統計データを元にした解説で知られる同士が、8月に開催される公式世界大会『The International 2016』でチームを優勝に導くために、コーチとして参加することが発表されました。

左奥のメガネをかけた男性がNahaz氏

Kyle “Beef” Bautista氏のコメント (compLexity General Manager)

Nahaz氏のコーチ就任は奇妙な選択であると多くの人が思うかもしれません。しかし、私やチームにとって、彼はたった一つの選択肢でした。Nahazは極めて知的で言葉遣いがうまく、熱心に取り組みます。彼の成熟したアプローチと振る舞いは、チームでの取り組み方法にも影響することでしょう。

彼は競技ブースにおけるプロとしての経験は無いかもしれませんが、彼の準備、統計分析といったチームを強化する能力がそれを十二分に補ってくれることでしょう。
The Internationalに向けてNahazを迎えることが満足で無いはずがありません。

Nahaz 氏のコメント

The International 2016に全力を尽くさせるためにcompLexity Gamingに加入する事にとても興奮しています。

私はcompLexity Gamingが同大会において才能とチームワークを兼ね備えたチームであると確信しています。そして、彼らがThe Internationalチャンピオンになるという夢を成し遂げる手伝いをすることを待ちきれません!

compLexity Dota 2

  • United States Kyle “swindlezz” Freedman
  • United States Zak “Zfreek” Freedman
  • Sweden Rasmus “Chessie” Blomdin
  • Sweden Linus “Limmp” Blomdin
  • Sweden Simon “Handsken” Haag
  • Canada Alan “Nahaz” Bester (コーチ)
  • Germany Josh “Chef Josh” Schmidt (マネージャー)

プロゲームチームのコーチというと、世界トップクラスの競技シーンで活躍していた元プロゲーマーが就任するというのが非常に多いケースですが、統計や経済学のエキスパートがその知識を活かしてチーム強化を行なっていくというのは非常に珍しいケースです。

『The International 2016』は8月3日~13日にかけてアメリカのシアトルで開催されます。

情報元

ゲーム紹介