クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』が10/28(金)に国内発売決定

Mionix NAOS QG

マウスに複数のセンサーを内蔵しプレーヤーの身体反応や操作情報をトラッキングし分析可能とするゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の国内販売が決定しました。

身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』

ゲーミングマウス『Mionix NAOS QG(Quantified Gaming)』は、2014年12月に開発コンセプトが発表され、合わせてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達が開始されました。

その後、無事に目標額を達成し開発が進められ2015年9月に完成したことが報告さてれいました。

そしてこのマウスが10/28(金)より店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)にて国内販売されることが発表されました。

特徴

  • 心拍数、マウスの動き、動作データのモニタリング
  • 心拍数、ガルバニック皮膚反応センサー搭載
  • インゲームオーバーレイ表示機能
  • デベロッパー向けAPIの公開
  • 12000DPIオプティカルセンサー(PMW-3360)
  • 安定したグリップと自然な手触りを持ったダークグレー4層ラバーコーティング
  • 1msレスポンスタイム、1000Hzポ―リングレート
  • 32bit ARM Cortex M3 32Mhzプロセッサ搭載
  • 最大5つのプロファイルを保存できる128kBオンボードメモリ
  • アングルチューニング: X/Y軸の角度設定機能
  • アングルスナップ(直線補正)機能
  • 7つのプログラム可能なボタン
  • ゲームプレイ中に変更可能な4段階のDPIセッティング
  • 1680万色、ライトニングエフェクトに対応するLEDイルミネーション
  • かぶせ持ち、右利き用エルゴノミックデザイン

スペック

  • 心拍数センサー: Pixart PAH8001EI‐2G, 最大3000 fps, 6.8Mhz
  • GSRセンサー :チタンコーティング電極
  • マウスセンサー: Pixart PMW-3360, 12000 DPI, 70MHz, 最大12000 fps, 250ips
  • 形状: 右利き、かぶせ持ち用エルゴノミクスデザイン
  • 表面加工: グリップに適した4層ラバーコーティング(ダークグレー)
  • ボタン数: 7つのプログラム可能なボタン
  • DPI設定: マウス上で変更可能な4段階のDPI設定
  • スイッチ: L/R – オムロン、DPI/サイドボタン、ホイール – TTC
  • イルミネーション: 2ゾーン、2 LEDs、ライトニングエフェクト搭載、1680万色フルカラーイルミネーション
  • オンボードメモリ: 128kB ビルトインメモリ
  • プロセッサ: 32bit ARM 32Mhz
  • マウスソール: 大型PTFEソール
  • USB: 金メッキ加工, プラグアンドプレイ対応フルスピードUSB2.0
  • ケーブル: 2m、布巻きケーブル
  • 重さ(ケーブル込): 152g

Mionix NAOS QG

Mionix NAOS QG

マウスの設定は、無料ソフトの『MIONIX HUB』を通じて行なうことが可能。
また、同じく無料ソフトの『Overwolf』を使用する事でゲームでオーバーレイさせることが出来るとのことです。

情報元