賞金総額300万ドル Dota 2『The Boston Major 2016』でOGが優勝、3つ目のメジャータイトルを獲得

The Boston Major 2016

賞金総額300万ドルのDota 2『The Boston Major 2016』で Europe OGが優勝となりました。

The Boston Major 2016

『The Boston Major 2016』は2016~2017年シーズン最初の公式メジャー大会として、賞金総額300万ドルにて開催。

大会には、招待8チーム、地域予選通過8チームを合わせた16チームが出場。2016年12月3日(土)~4日(日)に4チーム×4グループに分れてのグループステージが実施され、この結果を元にメインイベントのトーナメント組わあわせが決定されました。

決勝まで勝ち進んだのは優勝候補の一角 Europe OGと、ヨーロッパ予選から勝ち上がってきた Greece Ad Finemの2チーム。

この組み合わせはかなり予想外でしたが、Europe OGが3-1で Greece Ad Finem を下し、『The Frankfurt Major 2015』『The Manila Major 2016』に続く3つ目のメジャータイトルを獲得となりました。

Europe OG はゲーム全体を通じてチームとしての動きが非常に優れていた印象でした。

ファイナル1番の見せ場はGame3決着シーン Greece Ad Finemによるバックドアが炸裂

Game 3はGreece Ad Finemが唯一 Europe OG に一矢報いた試合でした。

お互い激しい交戦を繰り広げた70分を超えるロングゲームとなり、流れ的にはGreece Ad Finemは敵陣にあと数発攻撃を加えれば勝利という状況でしたが、4人を倒されてします。

Europe OGとしてはほっと一息つきつつ、自陣のクリープを一掃して敵陣に乗り込むぞ、という流れ。その時、1人生き残っていた Greece Ad Finemの Greece Maybe Next Time選手が冷静にひっそりと敵陣近くに隠れ、Europe OGが攻めに転じようというタイミングを見計らって所有アイテムの能力を使って透明となり、一気に Europe OG の本陣へと接近。妨害を受けながらも数発の攻撃を敵陣に叩き込むというスーパープレーで本陣を破壊し、見事に勝利をもぎ取りました。

この必見シーンは、以下から見ることができます。

Game3 ラストシーン

賞金 – $3,000,000

  • 1位: Europe OG – $1,000,000
  • 2位: Greece Ad Finem – $500,000
  • 3-4位: United States Evil Geniuses – $250,000
  • 3-4位: United States Digital Chaos – $250,000
  • 5-8位: Russia Virtus.pro – $125,000
  • 5-8位: Malaysia WarriorsGaming.Unity – $125,000
  • 5-8位: China LGD.Forever Young – $125,000
  • 5-8位: United States Team NP – $125,000
  • 9-16位: China Wings Gaming – $62,500
  • 9-16位: China Newbee – $62,500
  • 9-16位: China EHOME – $62,500
  • 9-16位: China LGD Gaming – $62,500
  • 9-16位: Korea MVP Phoenix – $62,500
  • 9-16位: United States compLexity Gaming – $62,500
  • 9-16位: China iG Vitality – $62,500
  • 9-16位: Singapore Team Faceless – $62,500

出場チーム

招待チーム

  • China Wings Gaming – shadow, bLink, Faith_bian, y`, iceice
  • United States Digital Chaos – Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • United States Evil Geniuses – Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • China Newbee – uuu9, Sccc, kpii, Faith, Kaka
  • China EHOME – Sylar, old chicken, eLeVeN, LaNm, Garder
  • China LGD Gaming – Ame, Maybe, Jixing, Xz, Victoria
  • Europe OG – N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Korea MVP Phoenix – Forev, QO, Velo, Febby, DuBu

予選通過

  • United States Team NP – Aui_2000, EternaLEnVy, MSS, SVG, 1437
  • United States compLexity Gaming – Moo, canceL^^, monkeys-forever, Zfreek, melonzz
  • China LGD.Forever Young – END, Super, Yao, xiao8, DDC
  • China iG Vitality – Yuno, Sakata, InJuly, BurNIng, Q
  • Greece Ad Finem – Madara, ThuG, SkyLark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • Russia Virtus.pro – RAMZES666, Noone, 9pasha, Lil, Solo
  • Singapore Team Faceless – Black^, Jabz, iceiceice, xy-, NutZ
  • Malaysia WarriorsGaming.Unity – Ahjit, NaNa, KaNG, Ahfu, xNova-

プレーオフ

ファイナル

  • Europe OG [3-1] Greece Ad Finem

アーカイブ

DOTABUFF

グループステージ

Group A

  • 1位: United States Digital Chaos
  • 2位: China Wings Gaming
  • 3位: Malaysia WarriorsGaming.Unity
  • 4位: China LGD.Forever Young

Group B

  • 1位: Russia Virtus.pro
  • 2位: China Newbee
  • 3位: United States Team NP
  • 4位: Korea MVP Phoenix

Group C

  • 1位: China LGD Gaming
  • 2位: United States compLexity Gaming
  • 3位: United States Evil Geniuses
  • 4位: Singapore Team Faceless

Group D

  • 1位: Europe OG
  • 2位: China EHOME
  • 3位: China iG Vitality
  • 4位: Greece Ad Finem

情報元

ゲーム紹介