『SteelSeries』が世界初を謳う両面仕様の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』を発表

QcK Prism

『SteelSeries』が両面仕様の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』を発表しました。

SteelSeries QcK Prism

『SteelSeries QcK Prism』はLEDライトを搭載した土台に、「布」「プラスチック」の両面仕様となるサーフェスを自分の好みに合わせてセット可能なゲーミングマウスパッドです。

公式サイトでは「The world’s 1st dual-surface RGB mousepad(世界初となる両面仕様の光るゲーミングマウスパッド)」と紹介されていました。

こちらの製品は、ライバルブランドである『Razer』が2015年5月に発売した『Razer FireFly』と似たような感じだなというのが第一印象でしたが、公式サイトをみたところ下記のように堂々と比較画像が掲載されており驚きました。

SteelSeries QcK Prism vs. Razer FireFly

表面を2タイプから選べることやLEDを発光させるために必要なケーブルをサイドに配置する事でマウスのケーブルとクロスしない工夫が行なわれている他、LEDライトゾーンが独立している点で優れているとのことです。

サイズは縦292.4mm×横356.71mm×厚さ8.68mmで、価格は74.99ユーロ(約9,096円)となっています。

他社の後発となる製品を公式サイトで比較紹介した上に、eスポーツ向けのデバイスとしてあまり需要があるとも思えないものが出してきて、「SteelSeriesどうしちゃったんだろう」というのがこのマウスパッド発表に対する率直な気持ちです。

SteelSeriesの公式サイトには、自身のブランドについて以下のように説明されていました。

We are gaming
SteelSeriesは、eSportsと世界中のコアゲーマーのためにデザインされた、
画期的な新製品を生み出すことで、ゲーミング業界に刺激を与え続けています。

https://jp.steelseries.com/about

情報元

コメント

mishima2006

最近Sensei新しいの買ったら初期不良だったりすぐ壊れたりして最悪です
品質悪すぎ