Team NPがDota 2大会『DreamLeague』を1年間の出場禁止処分に、2大会連続の出場辞退が要因

DreamLeague

『DreamHack』が主催するDota 2大会『DreamLeague』は、United States Team NP を1年間の出場禁止処分にすると発表しました

Team NPがDota 2大会『DreamLeague』を1年間の出場禁止処分に

United States Team NP は2016年11月に開催された「Season 6」の出場をキャンセル。
『DreamLeague』とUnited States Team NP は「Season 6」の出場辞退について話し合いを行ない、共に前向きに取り組むことに合意し「Season 7」への招待を行ないましたが、United States Team NPは開催2週間前に別大会(ZOTAC Cup Masters)に参加することを理由に2017年5月30日、31日に実施される「Season 7」の出場を再び辞退しました。

『DreamLeague』は同じことを繰り返す United States Team NP に対し、1年間の出場禁止処分を下し、United States Team NP の代わりとして、『The Kiev Major 2017』で Europe Team Secretを下したことで大きな注目を集めた Brazil SG e-sports がアメリカ予選に出場すると発表しました。

出場チーム

  • compLexity Gaming – Moo, Feero, melonzz, DeMoN, Zfreek
  • Thunderbirds – Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • SG e-sports – hFn, 4dr, Tavo, KINGRD, c4t
  • Digital Chaos – mason, Abed, Korea Forev, BuLba, Korea DuBu

上記4チームで総当たり戦を行ない、1位チームが2017年7月21~22日に開催される賞金総額17万5000ドルの『DreamLeague Season 7』本戦に出場となります。

情報元

ゲーム紹介