Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破、昨年を20日上回るペース

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の2,000万ドル(約22億円, $1=112.35円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

賞金の増額ペースは昨年よりもハイペースながらも比較的落ち着きを見せていましたが、6月末に販売された80レベルアップとガチャアイテム「Immortal Treasure I」(4個)と「Immortal Treasure II」がセットになった「Battle Level and Treasure Bundle」のセールが開始されると爆発的に売上が増加。

dota2-graph
http://dota2.prizetrac.kr/international2017

2016年大会の賞金総額が「2,000万ドル」を突破したのはアイテム販売開始から「80日」を過ぎたあたりですが、今年は「58日」と驚異的なペースを見せています。

『The International 2017』は、予選が終了しグループステージに出場する18チームが決定しました。グループステージの日程は8月7日前の数日間で実施される予定です。

現在の賞金総額は「$20,065,194」(22億54325万円)で、昨年の賞金総額「$20,770,460」(23億3356万円)を上回るのは間違いなく時間の問題というところです。

情報元

ゲーム紹介