eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額がeスポーツ史上最高記録を更新(約23.5億円)

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が昨年を上回り史上最高賞金総額のeスポーツ大会となりました。

『The International 2017』がeスポーツ史上最高賞金総額の大会に

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

配分額が増加を続け、本日2016年大会の「$20,770,460(約23億5080万円, $1=113.18円)」を超えることになりました。この文章を書いている時点での賞金総額は「$20,779,052(約23億5177万円)」となっています。

賞金の増額は大会終了日まで継続されるため(残り32日間)、どこまで金額が伸びるか注目です。

歴代eスポーツ大会賞金総額ランキング

  • 1位: The International 2017 (Dota 2) – $20,779,052 (さらに増額)
  • 2位: The International 2016 (Dota 2) – $20,770,640
  • 3位: The International 2015 (Dota 2) – $18,429,613
  • 4位: The International 2014 (Dota 2) – $10,931,103
  • 5位: League of Legends 2016 World Championship – $5,070,000

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!