eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

RAZER光学マウス『Viper』

CPLチャンピオンのFatal1tyが使用していたことで
FPSゲーマーの間で爆発的な人気を博していた『Boomslang』の開発会社『RAZER』から
ついに光学式のマウスが発売されることになりました。
名前は『Razer Viper』で、2004年4月にアメリカで49.99ドルにて発売されます。

製品情報

  • コード210センチ
  • 2ボタン
  • USB
  • 1000DPS、2300fps

    画像をみると、MSのインテリマウスみたいなカンジに見えますね。
    てんとう虫みたいだ。2ボタンというのがちょっと引っかかりますね。
    しかし、精度はRAZER製品というだけあって圧倒的なスペックです。
    予約を受け付けていますが、日本は該当地域になっていないみたいです。

    情報元 : ESR | 製品プレスリリース(pdf)

  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/
    Comments (0)
    1. Avatar james says:

      精度ってのはそれほど影響するものなんですかね?
      MX300使ってますが、
      どれほどの操作感の向上が得られるんでしょうか。

      まぁ、それがわかるほどの腕もないんですが(苦笑

    2. Avatar ふみお says:

      sensitivity高い人だと恩恵あったはず
      低いとそんなに変わりないかと
       
      制度といえばフォーラムに書いてあるペンマウスも1000dpiですね

    3. Avatar NO NAME says:

      2ボタンってーのがちょっと痛い。。。

    4. Avatar そぶ says:

      精度はともかく2300fpsってのが気がかり過ぎる。
      普通の光学センサーでの常識で2300スキャンだったとすれば
      ゲームにはかなり向かないような気がするんだけど・・

    5. Avatar E says:

      RAZERって値段高いだけであまりいい印象無いな…

    6. Avatar まらくん says:

      コルベット気分で使いましょう

    7. Avatar Yossy says:

      Boomslang1000とかに比べるとかなり安いですよね。
      あれ、たしか150ドルくらいするって聞きましたし。