『ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier』Dota 2部門に日本Scarusが出場、10/26(木)15時、17時頃に試合予定

ROG Masters 2017

10月26日(木)より開幕するDota 2『ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier』に Japan Scarusが出場します。

ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

大会は「フェーズ1」各国予選、「フェーズ2」地域予選、「フェーズ3」地域予選ファイナル、「フェーズ4」世界本戦の4段階にわかれています。

今回、フィリピンの「SMX Convention Center」では10/26(木)、27(金)に「フェーズ2」地域予選、10/28(土)、27(日)に「フェーズ3」地域予選ファイナルが実施されます。

「フェーズ2」地域予選には、各国の予選を勝ち抜いた16チームが参加。優勝チームが「フェーズ3」地域予選ファイナルの出場権を得ることが出来ます。

日本からは日本予選で優勝した Japan Scarus が日本代表として出場します。

大会の公式情報が出ていないため、以下はLiquipediaと海外eスポーツサイトの仲間にもらったスケジュール表を元に掲載しています。

Thank you @flam3zcsgo

出場チーム

  • Taiwan SaintBang
  • Malaysia HighGround – Lance, ddz, FelixCiaoBa, MoZuN, MtR
  • Thailand Aggressive Slayer – Tor_2000, NeverMine, Masaros, Seonhwa, ArrowIce, Guardians
  • Philippines InterActive
  • Indonesia Rex Regum Qeon – ilLogic, Yabyoo, KoaLa, Xepher, Acil
  • Viet Nam Vikings Gaming
  • Japan Scarus – homehome.jp, toyomaru, ume, Xym, zeto
  • Singapore Desert Tiger
  • Australia Skatemasters
  • India Signify – BlizzarD, Crowley, Skemberlu, No_Chanc3, Owa
  • Mongolia Nomadic – Bell, Megaton, Baajgai, Greed, Hustla
  • Viet Nam 496 Gaming – TenGu, DiaL, Kira, CorGi, Magical

Liquipediaには13チーム掲載、もらったスケジュールリストには12チームが記載されていますが一部のチームが一致していませんでした。繰り上げ出場になったチームがあるようで、調べながらリスト化したのが上記になります。

グループステージ

Group A

  • Viet Nam 496 Gaming
  • Japan Scarus
  • Malaysia HighGround

Group B

  • Philippines InterActive
  • Mongolia Nomadic
  • Singapore Desert Tiger

Group C

  • Australia Skatemasters
  • Indonesia Rex Regum Qeon
  • Viet Nam Vikings Gaming

Group D

  • India Signify
  • Thailand Aggressive Slayer
  • Taiwan SaintBang

各グループの上位2チームが、シングルイリミネーション方式トーナメントで実施されるプレーオフに進出します。

日本代表試合スケジュール (日本時間)

  • Japan Scarus [Lose-Win] Viet Nam 496 Gaming [DOTABUFF]
  • Japan Scarus [Lose-Win] Malaysia HighGround [DOTABUFF]

23:02追記
Japan Scarusは残念ながら2敗となり予選通過はなりませんでした。

1ゲーム目のViet Nam 496 Gaming戦は開幕ルーン巡る攻防からのファーストブラッドやMid Gankなどでキルを重ね順調な展開でしたが、敵Visageの立ち回りやチームとしての連携が非常に上手く徐々に試合の主導権を奪われ後半は太刀打ちが難しい状態となってしまいました。

2ゲーム目のMalaysia HighGround戦は、後半に強い Japan Scarus、前半に強い Malaysia HighGround というようなヒーローピックで個人的に相性としてはJapan Scarus側が有利かなという印象がありました。Japan Scarusは序盤から積極的にヒーローキルを狙うMalaysia HighGroundの流れに飲み込まれるような形となり開始10分で10キル以上を取られるなど全レーンがかなり厳しい状況に。立て直しを狙うもMalaysia HighGroundが圧倒敵有利な状況から発見されるとなすすべなく倒され、完敗といった結果となってしまいました。

Dota 2の配信では、マラカップ主催者の@maradota2さんが実況を行なう予定です。

日本予選の際は、以下のTwitchチャンネルで配信が行なわれていました。こちらで配信されるかが確定されていないため、上記ESLやマラさんのTwitterもチェックしてみてください。

※Dota 2の配信は下記のURLとなります

情報元

ゲーム紹介