『PUBG』公式リーグ大会『AfreecaTV PUBG League(APL)』が12/11(月)に韓国で開幕、日本語配信の実施決定

AfreecaTV_PUBG_League_Pilot_Season_logo

バトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の韓国初となる公式リーグ大会『AfreecaTV PUBG League(APL)』が12/11(月)に開幕となります。

AfreecaTV PUBG League

『AfreecaTV PUBG League』は、約2ヶ月に渡り3つのスプリットに別れて行なわれる韓国初となるリーグ方式を採用の公式『PUBG』大会です。

大会には、Korea KongDoo Reddot、Korea KSV、Korea MVPといった有名プロチームを含む韓国予選を勝ち抜いた18チームと、アジア最強決定戦『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』のSQUADで優勝した China iFTYと 準優勝の China 4AM を合わせた20チームが参戦。

賞金総額は2億ウォン(約2,060万円, 1ウォン=0.103円)で、優勝チームは1億ウォン(約1,030万円)を手にすることが出来ます。

残念ながら日本チームの出場はありませんが、『アフリカTV』にて日本語実況付きで大会を観戦することができます。

スケジュール ※日本時間 各日19時より

  • Split1 – 12/11(月)、15(金)、18(月)、20(水)
  • Split2 – 1/1(月)、5(金)、8(月)、12(金)
  • Split3 – 1/19(金)、22(月)、26(金)、29(月)
  • 決勝 2/3(土)

ストリーミング配信

情報元

  • プレスリリース

ゲーム紹介