賞金総額10万ドルの国際招待制大会『StarSeries i-League PUBG』が2018年3月にウクライナで開催

StarSeries i-League PUBG

世界各国の強豪16チームが出場する『PUBG』国際大会『StarSeries i-League PUBG』が2018年3月1~4日にウクライナで開催されます。

StarSeries i-League PUBG

『StarSeries i-League PUBG』は、「StarLadder」「ImbaTV」による『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のサードパーティ主催大会です。

『StarSeries i-League』はこれまで『CS:GO』『Dota 2』といったタイトルで高額賞金の国際大会を行なっており、『PUBG』の採用は今回が初となります。

大会には、世界中のエリアから招待される16チームが出場し、賞金総額10万ドルにてウクライナのeスポーツ施設「Kiev Cybersports Arena」で実施されます。

モードは「SQUAD」(4人チーム制)のみで、1人称・3人称のどちらかは記載されていませんでした。

招待チーム枠・エリア

  • 北米: 4 チーム
  • ヨーロッパ: 3 チーム
  • 中国: 3 チーム
  • CIS: 2 チーム
  • アジア: 1 チーム
  • 南米: 1 チーム
  • 東南アジア: 1 チーム
  • オセアニア: 1 チーム

招待は実績ベースになると思われるので、アジア圏だと2017年11月に開催された『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』の結果などが対象となりそうです。

この大会は「SQUAD」部門で中国が1位・2位を獲得していましたが、中国はアジア枠とは別になっているので3位のKorea 433、5位の Japan SunSister にチャンスがありそうです。この他にも様々な大会があるので、それらも選考の参考になる可能性はもちろんあります。

情報元

ゲーム紹介