Valveがトーナメント運営組織を対象に『Dota Pro Circuit』2018年秋シーズンの企画公募を開始

dota-pro-circuit-2018-fall

『Dota 2』の公式プロサーキット『Dota Pro Circuit』2018年秋シーズンの企画公募が開始されています。

『Dota Pro Circuit』2018年秋シーズンの企画公募がスタート

2018年秋の「Major」「Minor」大会開催に興味がある全トーナメント運営組織を対象に、企画・提案の公募に関する詳細情報が公開されました。

応募要件

  • 「Major」「Minor」両大会の提案書を募集。「Major」→「Minor」の順番で選出を行なう。
  • 提案書には開催地、会場、大会形式などをより詳細に記述する必要あり
  • 「Major」3大会は下記日程に「Grand Final」を実施するスケジュールであることが望ましい。
    • 2018年10月20~21日
    • 2018年11月17~18日
    • 2018年12月15~16日
  • 2018年秋以降の「Major」大会は16チーム制とする
  • 応募締め切りは2018年2月16日。その後に提案書の審査を開始。
  • 提案書の送付先: DotaProCircuitFall2018@valvesoftware.com

2017-2018運営団体

2018年夏に開催が予定されている『The International 2018』までに行なわれるプロサーキットの大会は、下記団体によって運営されます。

新たな運営団体が参加する事により、これまでとは異なるフォーマットや演出でプロサーキット大会を楽しめる可能性があります。

情報元

Dota 2 – The Road to the International

ゲーム紹介