今年もeスポーツ最高額記録更新か、Dota 2公式世界大会『The International 2018』の賞金総額が昨年の120%ペースで増額中

bp

Dota 2公式世界大会『The International 2018』をさらに楽しめるゲーム内アイテム『The International 2018 Battle Pass』の販売が開始されました。

The International 2018 Battle Pass

『The International 2018』は、2018年8月15日~25日にかけてカナダで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1億7542万円, $1=109.64円)ですが、大会の関連ゲーム内アイテムが購入されるごとに、その25%が賞金総額に配分される仕組みを導入しており、2017年大会では最終的に「2478万7916ドル(約27億円)」となり、eスポーツ史上最高賞金総額の大会となりました。

送金総額記録の更新に向けてアイテムの購入が加速

今年も本日5月9日より様々な特典を含む『The International 2018 Battle Pass』の販売が開始されました。

売れ行きはかなり好調で、これを書いている時点で昨年の120パーセントペースでアイテムが購入されており、すでに賞金総額は505万ドル(5.5億円)を超えています。

http://dota2.prizetrac.kr/international2018

このペースが持続すれば、最高額記録を超えるだけでなく、前代未聞の総額30億円を越えるeスポーツ大会となる可能性があります。

待望のロール指定マッチメイキングがアイテム購入者特典として登場

『The International 2018 Battle Pass』には賞金配分の仕組みに加えて、大会の結果予想、限定スキン、特別なゲームモードなど様々な購入特典が用意されています。

個人的に注目したのが、「Mid」「Offlane」「Safelane」「Support」などのロールを指定してマッチメイキングを行える機能です。

matchmaking

パブリックゲームで「All Pick」だとロールの奪い合いで試合前から陰険な雰囲気になる事もありますが、この方式であれば事前にロールを指定してマッチメイキングが行なわれるので、先のようなことは少なくなります。
ただ、実際にやってみたところ指定ロールに相応しくないヒーローを使っている人もいたので万能ではないですが…

情報元

ゲーム紹介