『Fortnite』eスポーツに賞金総額1億ドル(約111億円)を提供、Epic Gamesが発表

Epic Gamesが『Fortnite』2018~2019年の競技シーンに賞金総額1億ドル(約111億円, $1=110.93円)を提供すると発表しました

Epic Gamesが『Fortnite』のeスポーツに2年で賞金総額1億ドル(約111億円)を提供

『Fortnite』はバトルロイヤルモードやTwitch有料サービス『Twitch Prime』での限定アイテム配布、Ninja氏などの世界的に有名なストリーマーがプレーすることで人気が爆発し、同時プレーヤー数が450万を超えると言われるタイトルです

Epic Gamesはこの『Fortnite』競技シーンに対し、2018~2019年にかけて賞金総額1億ドル(約111億円)を提供すると共にゲームプレー、観戦共に楽しめることにフォーカスした展開を計画していることを明らかにしました。

より詳しい内容については、改めての発表が予定されています。

FortniteがDota 2を超えるeスポーツ史上最高賞金額タイトルへ

これまでのeスポーツシーンにおける年間最高賞金総額を誇るのはValve社の『Dota 2』で、2017年には「3805万3795ドル」(約42億円)を記録(esports-earnings.com調べ)。2017年の公式世界大会 『The International 2017』は、大会関連ゲーム内アイテム売り上げの25%を大会賞金総額に配分する仕組みを採用し、最終的に「2478万7916ドル」(約27億円)という最高賞金総額を誇る大会となっています。

関連

Dota 2公式世界大会『The International 2018』の賞金総額が早くも1000万ドルを突破(約11億円)

Dota 2は今年も記録的なペースで賞金総額総額が増額中。

今回の発表によると、『Fortnite』は2年で1億ドルのため単純に半分にしたとすると年間5000万ドル(約55億円)。この時点で『Dota 2』の年間賞金総額を上回ることになります。世界大会を実施するとして、その割り当て方次第では単独トーナメントとしての記録も更新可能となります。

さらに、『Dota 2』と同じような大会ゲーム内アイテムの売り上げを配分する仕組みを導入すれば、Fortniteはファン心理を掴むアイデアやデザインを伴なうアイテムを販売しているため、さらなる高額賞金大会となりそうです。

賞金が高いことがeスポーツにおける全てではありませんが、大きな魅力の一つであることに間違いはありません。今後は、ライバルゲームや別ジャンルからも腕に覚えのあるゲーマーたちの参入表明が相次ぐことになるでしょう。

情報元