『Razer』が左利き用『Razer Naga Trinity』ゲーミングマウスのクラウドファンディングを検討、左利きゲーマーからの意見・要望を求める

ゲーマー向けライフスタイルブランド『Razer』の共同創設者・CEOのMin-Liang Tan氏が、自身のFacebookページで左利き用『Razer Naga Trinity』ゲーミングマウスのクラウドファンディングに関する投稿を行ないました。

『Razer』が左利き用『Razer Naga Trinity』ゲーミングマウスのクラウドファンディングを検討

Min-Liang Tan氏はFacebookにて、左利きゲーマーの想いやリクエストに応え、投稿に1万のいいねがついたらクラウンドファンディングをスタートし、そこで目標を達成したら『Razer Naga Trinity』左利きエディションを製造すると約束しました。

Razer Naga Trinity
サイドパネルを変更可能なMMO RPG向けゲーミングマウス『Razer Naga Trinity』。左利き用バージョンは誕生なるか?

Min-Liang Tan氏の投稿

Razerは、左利き用のゲーミングマウスを作る世界唯一の企業です。何年も前に左利きゲーマーからの要望を受け、私たちはそれに耳を傾けました。

左利き用マウスを製造するには多額の投資が必要となります。右利き用から設計を反転させればOKということではありません。Razerは、膨大な設計、エンジニアリング、ソフトウェア開発、品質テストなど様々な事を行ないます。それには何百万ドルもの投資やリソースの確保が必要となります。

Razerは過去6年間で何千個もの左利きマウスを出荷してきました。そして、右利きマウスはわずか一日で同数を出荷します。製造ラインを維持するにはかなりのコストがかかります。ここ数年間においては左利きマウスの需要が少なかったため、製造を取りやめていました。

最近、左利きや障害を持つゲーマーから、左利き用のRazer Nagaが彼らの人生にどのような変化をもたらしたかについて話を聞いたところ、彼らは可能であれば製品の製造を続け、左利き用のRazer Nagaを最新にアップデートして欲しいと言いました。

得られたフィードバッグに基づき、Razerは異なるサイドパネルを選んで使用出来る最新MMOマウス『Razer Naga Trinity』左利き用のクラウドファンディング実施を検討しています。ただし、製造するのは10,000個以上の需要があった場合に限ります。

これだけの個数でも赤字になる可能性があるのですが、10,000個は一度の製造でコミュニティをサポート出来る重要な数であると考えています。

あなたがどのように思っているかを教えてください。このFacebook投稿をシェアして、質問があれば投稿してください。この記事に1万の「いいね」が2018年7月31日までについたら、KickstarterかIndiegogoでRazer Naga Trinity左利き版1万個のクラウドファンディングを立ちあげ、目標を達成したら製造したいと思います。

あなたの思いを教えてください。Razerはコミュニティに耳を傾けます。

For Gamers. By Gamers.

関連記事

Min-Liang Tang氏は、2018年4月にも下記のように左利きゲーミングマウスについての考えを投稿していました。

『Razer』代表Min-Liang Tang氏が世界中の左利きゲーマーにメッセージ、新たな左利き用ゲーミングデバイスを検討中

「左利きで活躍しているプロゲーマーは存在するのか?」を調べてみた結果

情報元