『Razer』が新開発オプトメカニカルスイッチ採用のフラグシップゲーミングキーボード『Razer Huntsman』を発表

『Razer』が、オプティカルセンサー内蔵のRazerオプトメカニカルスイッチを採用するゲーミングキーボード『Razer Huntsman』シリーズを発表しました。

Razer Huntsman

これまでのメカニカルスイッチは、金属接点によりキーの作動を検知していましたが、Razerオプトメカニカルスイッチでは光学式センサーによってその動作を実現することで、30%の入力高速化を実現しているとのこと。

公式サイトでの日本語によるキースイッチ解説

通常モデルの『Razer Huntsman』、キーボードの側面・リストレストにもLEDを搭載する『Razer Huntsman Elite』の2種展開となります。

Razer Huntsman
Razer Huntsman
Razer Huntsman Elite
Razer Huntsman Elite

共通特徴

  • 押下圧 45 g の Razer オプトメカニカル™スイッチ
  • 最高 1 億キーストロークの耐久性
  • 1,680 万色のカラーオプションでカスタマイズ可能な Chroma バックライト
  • 内蔵メモリーとクラウドのハイブリッドストレージ – 5 プロファイル
  • Razer Synapse 3 対応
  • 完全にプログラム可能なキーとクイックマクロ記録機能
  • 10 キーのロールオーバーとアンチゴースト機能
  • ゲーミングモード
  • 編組ファイバーケーブル
  • 1,000Hz ウルトラポーリング
  • アルミ製マット仕上げのブラックトップカバ

Min-Liang Tan氏のコメント (共同創設者・CEO)

Razer は、特にゲーマーために設計された独自の Razerメカニカルスイッチの開発と製造で長年の経験を蓄積してきました。この専門技術は、私達のブランドレガシーを基盤としてさらに拡張され、最高レベルの e スポーツ競技のために最適化された全く新しいレベルのパフォーマンスをお届けする新しい Razer オプトメカニカルスイッチに組み込まれています。

日本での発売については、近日中に発表となる予定です。
下記の製品ページでは日本語で説明を読むことが出来るようになっています。

情報元