PUBGドイツ世界大会で100万ドルのチャリティマッチ開催、Shroud、DrDisRespect、Ninjaや日本から釈迦、キマリ、RccKMaYbe、Nigongoなど豪華メンバーが出場

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』公式世界大会『PUBG Global Invitational 2018(PGI 2018)』の開催期間中に、プロゲーマー・ストリーマー80名が出場するチャリティマッチ『PGI Charity Showdown』が実施されます。

PGI Charity Showdown

チャリティマッチはSQUAD形式で行なわれ、チャリティ総額は100万ドル。
上位入賞3チームは、それぞれ好きな寄付先に下記金額を寄付することが出来るようです。

  • 開催日:2018年7月27日(金)23時~(日本時間)に
  • 出場:プロ40名・ストリーマー40名
  • チャリティ賞金総額: $1,000,000
    • 1位:$600,000 ($150,000 per player)
    • 2位:$300,000 ($75,000 per player)
    • 3位:$100,000 ($25,000 per player)

今回の発表では、画像にて24人の出場ストリーマーが明らかにされました。

Shroud、DrDisRespect、Ninjaなど世界的に有名なストリーマーと並んで、下記の4名の日本人ストリーマーも名を連ねています。おそらく、この4名が日本のストリーマーチームとして出場ということになるのではないでしょうか。

  • Japan 釈迦 (DeToNator, PUBG JAPAN SERIES 解説)
  • Japan キマリ=ロンゾ (CYCLOPS athlete gaming, PUBG JAPAN SERIES 出場)
  • Japan RccKMaYbe (THE SHABLES, PUBG JAPAN SERIES 出場)
  • Japan Nigongo (DetonatioN Gaming, DMM PUBG GIRL’S BATTLE優勝)

情報元

ゲーム紹介