『Quake Champions』の2018年ロードマップ公開、今回のアップデートで新チャンピオン「Death Knight」、カスタムゲームBot、新モード「TDM VS BOTS」が登場

『Quake Champions』2018年シーズンのロードマップと、夏のアップデートがリリースされました。

Quake Champions 2018 Roadmap

『Quake Champions』公式サイトにて、2018年「夏」「秋」「冬」に実施が予定されているアップデートのロードマップが公開されています。

2018年夏

  • 新チャンピオン
  • カスタムBotマッチ + AI TDM
  • マッチメイキングの改善
  • 新スキン等のアイテム
  • 観戦機能の改善
  • Quake4 の”REDEEMER”ガントレット
  • ゲームの最適化 (取り組み進行中)

2018年秋

  • 新チャンピオン
  • 新マップ
  • 2つの新ゲームモード
  • プレーヤー進歩データのアップデート
  • トーナメント機能
  • 新武器スキン
  • クオリティアップデート
  • その他

2018冬~2019

  • 新チャンピオン
  • 新マップ
  • 2つの新ゲームモード
  • バランス変更
  • 新たなカスタマイズオプション
  • ゲーム最適化

夏アップデートがリリース

今回のアップデートでは、主に下記のような追加が行なわれています。

新チャンピオン「Death Knight」

初代『Quake』に登場した「Death Knight」が追加。

「千の仔の母」に深い忠誠を誓うDeath Knightは炎を自在に操り、それは彼のパッシブアビリティにも表れています。「Forged Skin」は炎ダメージを無効化し、「Charring」で腕にまとわせた炎は近接攻撃が命中した敵に継続的に炎ダメージを与えます。
QC August DK FlameStrike
アクティブアビリティは重量のある剣から3つの火球を扇状に放つ「Flame Strike」。火球は軌道上にいた敵と着地した地点の地面を燃え上がらせます。また、アビリティキーを2回押せば、外側の火球2つの弾道が収束するので、よりまとまったダメージを与えることが可能です。

カスタムゲームBot

「Easy」「Medium」「Hard」「Nightmare」の4段階でBotの難易度を設定し対戦可能。
挙動やあたり判定が改善されているそうです。

新モード「TDM VS BOTS」

人間プレーヤー4人とBot 4人がチームデスマッチで対戦できるモード。
ためしてみたところ、マッチメイキングで人間側がそろわない場合はBotが補充されました。
油断しているとやられてしまうこともよくあるので、思った以上に楽しめました。

より詳しい説明は、下記の公式日本語訳記事で読むことが出来ます。

また、先日行なわれたコミュティ向け配信のアーカイブが下記で公開されています。

情報元

ゲーム紹介