『Natus Vincere』Dota 2部門が新ラインナップを発表、8年間チームに所属のスター選手Dendiは選ばれず

Ukraine Natus VincereのCEOを務める Ukraine Yevhen Zolotarov氏が、2018-2019シーズンのDota 2部門新ラインナップを公式YouTube動画にて発表しました。

『Natus Vincere』Dota 2部門が新ラインナップを発表

Ukraine Yevhen Zolotarov氏は、下記の3つの要素を元に新体制の構築を検討したとのこと。

  1. キャプテンを中心にチーム作りをする
  2. 互いリーダーシップと責任を分かち合え、お互いに機能する選手を獲得する
  3. 既存のメンバー達との契約を更新する

「3」の選択肢は選手達がケミストリーを発揮し、Dota 2と人生に対して同様の認識を持ちながら共存していくという保証がなくリスキーなので最初に除外したそう。

「2」については、United States VGJ.Stormのメンバーを獲得するという選択肢があり話を進めていたそうですが、次の「Dota Pro Circuit」の出場地域制限に関する公式ルールが明らかにされておらず、出場地域の変更が出来るかなどがわからないなど不確実性が高いためこの選択肢も断念したそうです(NAVIとしてはCISを拠点にしたいということかと。VGJ.Stormメンバーはアメリカ、コーチはカナダ在住)。

最終的に、チームは「1」を選択。Ukraine Yevhen Zolotarov氏が「疑いようのない才能とリーダーとしての資質を持つ選手」と評価する Russia Akbar “SoNNeikO” Butaev 選手をキャプテンに据えた下記4選手の起用が決定しています。

Natus Vincere Dota 2 2018-2019

  • Ukraine Vladislav “Crystallize” Krystanek (Carry, 契約更新)
  • Ukraine Idan “MagicaL” Vardanyan (Mid, Rankedゲームの実績を評価した19歳)
  • Kyrgyz Evgeniy “Blizzy” Ree (Offlane, Vega Squadronから移籍)
  • 未定 (Support)
  • Russia Akbar “SoNNeikO” Butaev (Support, 契約更新、キャプテン)
  • 未定 (コーチ、公募も実施)

XBOCTコーチは新たな活動に興味を示しており、チームコーチとしての仕事にフルコミットできないため2018年8月で契約を終了したとのこと。この役割に興味のある人は連絡してほしいと呼びかけられていました。

2010年からNatus Vincereに在籍し、チーム・そしてDota 2の顔ともいえるスタープレーヤー Ukraine Danil “Dendi” Ishutin 選手は2018-2019年シーズンのスタメンには選ばれませんでした。

現状、Ukraine Dendi選手の今後はどうなるでしょうか。

公式動画

情報元

ゲーム紹介