Quakeシリーズの祭典『QuakeCon 2019』がヨーロッパで初開催決定

Quakeシリーズの祭典として開催されるLANゲームパーティ『QuakeCon』が、アメリカを飛び出しヨーロッパで実施されることが発表となりました。

QuakeCon Europe

『QuakeCon』は1996年にファンイベントとしてアメリカでスタートし、後に公式化され以降は毎年実施されてきました。

2019年はアメリカの『QuakeCon 2019』に加えて、『QuakeCon Europe』がアメリカとほぼ同日程の2019年7日26日(プレビューデー)、27日(一般デー)にイギリスの「Printworks London」で無料イベントとして開催されます。

『QuakeCon2019』は、「Year of DOOM」をキャッチコピーとし『DOOM』の25周年を祝うイベントとなっており、シリーズ最新作『DOOM Eterna』のプレアブル展示が予定。こちらはアメリカのみならずヨーロッパでもプレー可能になるとのことでした。

いまのところヨーロッパ版の公式ページにはイベントの核である、PCやゲーム機を持ち込みゲームを楽しむ「BYOC(Bring Your Own Computer)」によるLANパーティの実施があるかは記載されていませんでした。

情報元

ゲーム紹介