Dota 2世界大会『The International 2019』の賞金総額が約25億円(2,300万ドル)に到達、前年比約130%の伸び率で増額中

Dota 2世界大会『The International 2019』の賞金総額が約25億円(2,300万ドル)に到達しています。

※$1=107.74円で計算

『The International 2019』の賞金総額が25億円を突破

世界大会『The International 2019』の基本賞金総額は160万ドルですが、大会の関連ゲームアイテム『The International 2019 Battle Pass』が購入されるごとに、売上のうち25%が賞金総額に配分されていきます。

2018年の賞金総額は「$25,532,177(約28億円, $1=110.16円)」でしたが、現時点で昨年比130%の伸び率で賞金が増額しており、このままいけば30億円を超えることになりそうです。

賞金総額が一気に伸びたきっかけは、『The International 2019 Battle Pass』の週末セールが実施されたこと。

購入量に合わせてレベルが上がり、そのレベルに応じて特典のゲーム内アイテムが入手する仕組みとなっています。高レベルになるほどマニアックなファンが喜ぶものが提供されるため、コアなファンが次々に課金せざるを得ない状況になっております。

※自分も買いました

参考

ゲーム紹介