歴代最高額を更新、『Dota 2』公式世界大会の賞金総額が「約27.7億円(2568万ドル)」を突破

『Dota 2』公式世界大会『The International 2019』の賞金総額が増額を続け、大会の歴代最高額を更新しました。

『Dota 2』公式世界大会の賞金総額が歴代最高額を突破

世界大会『The International 2019』の基本賞金総額は160万ドルですが、大会の関連ゲームアイテム『The International 2019 Battle Pass』が購入されるごとに、売上のうち25%が賞金総額に配分されていきます。

2019年は昨年を上回るペースで増額を続けていましたが、ついにesports史上最高賞金総額となっている2018年大会の賞金総額を上回りました。

  • 2018:$25,532,177 (約27億5926万2368円)
  • 2019:$25,682,278 (約27億7625万4251円、執筆時点、今後も増額)

※$1=108.10円

2019年の伸び率が飛び抜けていることがわかる(The International 2019 – Dota 2 Prize Pool Trackerより)

さらに、アイテム売上の賞金配分は世界大会最終日の8月25日まで継続されます。つまり、ここからさらに賞金総額が上がり続ける事になります。2019年大会は3000万ドルの大台を超えることになるでしょうか。

情報元

ゲーム紹介