『Quake Pro League』の前哨戦が『QuakeCon 2019』にて7月26日(金)よりスタート、新たな競技モード「Timelimit Duel」を使用

『Quake Champions』を競技ゲームとするプロリーグ『Quake Pro League』の前哨戦が7月26日(金)より開幕します。

Quake Pro League

『Quake Pro League』は、アメリカで7月25日~28日に開催される『QuakeCon 2019』にての前哨戦が行なわれ、2019年8月より正式に開幕。翌年の『QuakeCon 2020』までに4ステージに分けて実施となります。

この画像を見るに、レギュラーシーズンは「FACEIT」、オフラインは「ESL」が担当していくことになるようです。

大会には、アメリカおよびヨーロッパ/CISから選出された10人ずつ(計20選手)が招待出場。Quake Con 2019の結果を元に、グローバルランキングが決定されます。

また、これ以外のプレーヤーを対象とした『Quake Challengers』がオープンエントリー方式にてオンラインで実施されます。

「北米」「南米」「ヨーロッパ」「CIS」を対象とする上位4選手(北米・南米×2、ヨーロッパ・CIS×2)が各ステージの『Quake Pro League』オフラインファイナルの出場権を得られます。オフラインでの最終成績に応じて、次ステージの昇格・降格が発生する仕組みも導入されます。

また、各試合は新たな競技モード「Timelimit Duel」を使用して行なわれます。
こちらはプレーヤーのスキルが発揮され、より幅広い試合コントロールが可能なように調整されているそうで、Duelファンの人気復活が期待されるものになるとのことでした。

『QuakeCon 2019』 出場選手

North America/South America

  • United States br1ck
  • Canada cha1n
  • United States DaHanG
  • United States dramiS
  • United States Effortless
  • Brazil nosfa
  • United States psygib
  • United States rapha
  • United States sib
  • United States whaz

Europe/CIS

  • Poland Av3k
  • Russia base
  • Russia Cooller
  • United Kingdom GaRpY
  • Germany k1llsen
  • Hungary RAISY
  • Sweden Spart1e
  • Sweden toxjq
  • Italy vengeurR
  • Ukraine Xron

各試合は、「QuakeCon.tv」を通じて好きな選手の試合を切り替えながら観戦可能になるとのこと。こちらには『ESL』なども使用する「maestro」のシステムが導入されていました。

情報元

ゲーム紹介