Dota 2世界大会『The International 2019』で優勝候補「PSG.LGD」と「OG」が勝者側トーナメントファイナルに進出

Dota 2世界大会『The International 2019』のメインイベントDay3が終了し、優勝候補の「PSG.LGD」と「OG」が勝者側トーナメントファイナルに進出しました。

The International 2019

Day3は勝者側トーナメントセミファイナル China PSG.LGD と China Vici Gamingの中国対決、Europe OG と United States Evil Geniusesによる因縁の対決が行なわれました。

参考

「Dota 2」2018年世界王者『OG』の結成、分裂、世界大会優勝の舞台裏を明かすドキュメンタリームービー『Against the Odds』が日本語字幕付きで公開

中国対決は2-0でChina PSG.LGDが勝利。
Europe OG vs United States Evil Geniuses戦は、逆転のEurope OGという展開で2-1で勝利。昨年の優勝・準優勝チームが勝者側ファイナルに進出し、大会の3位入賞以上が確定となりました。

敗者側トーナメントの United States Newbee vs. Peru Infamous、World Mineski vs. Europe Team Secretも共に激戦で、キャスターのCapitalist氏がペットボトルの水をぶちまけながら大絶叫するほどの展開となりました。

8/23(金)はオールスターゲームと敗者側トーナメントの試合が実施されます。

  • 11:00~ Royal Never Give Up [vs] Team Liquid
  • 15:00~ Infamous Gaming [vs] Team Secret
  • 19:00~ Evil Geniuses [vs] Royal Never Give Up [or] Team Liquid

ストリーミング配信

大会動画・写真

大会の試合アーカイブ、関連動画、写真は以下から見ることが出来ます。

情報元

ゲーム紹介