『Fnatic』が2019-2020年シーズンDota 2部門の新メンバーを発表、Mineskiの「Moon」、17歳の「23savage」を獲得

World Fnatic が、2019-2020年シーズンに向けた『Dota 2』部門のメンバーを発表しました。

『Fnatic』がDota 2部門の新メンバーを発表

Fnaticは8月に開催された公式世界大会『The International 2019』でベスト16の結果に終わったことを受けて、一貫性のある強さを持つチーム作りを決定。

新たな「Mid」にThailand Nuengnara “23savage” Teeramahanon選手を、元 Malaysia Mineski の Malaysia Kam “Moon” Boon Seng 選手を「Carry」に迎えて新シーズンに挑みます。これに伴い、これまで「Carry」を担当していた Thailand Anucha “Jabz” Jirawong 選手は、元の役割である「Support」に戻ることになります。

また、Philippines Abed “Abed” Yusop 選手、Korea Kim “DuBu” Doo-young選手は契約期間が終了となり次第、Fnaticを離れることになる予定です。

Fnatic Dota 2

  • Thailand Nuengnara “23savage” Teeramahanon (Carry, ex-MSCerberus)
  • Malaysia Kam “Moon” Boon Seng (Mid, ex-Mineski)
  • Singapore Daryl Koh “iceiceice” Pei Xiang (Offlane)
  • Philippines Djardel “DJ” Mampusti (Support)
  • Thailand Anucha “Jabz” Jirawong (Support)

情報元

ゲーム紹介