超平面 金属製ゲーミングマウスパッド『NINJA RATMAT』4製品の価格発表、62,000~85,000円

株式会社 竹内型材研究所が、eスポーツ用の超平面メタルマウスパッド「NINJA RATMAT」4製品の販売価格を発表しました。

eスポーツ用の超平面メタルマウスパッド「NINJA RATMAT」

「NINJA RATMAT」は、金属素材を採用し日本の技術による加工を施す事で、フラットな形状、長期間にわたって変わらない滑りやすさ・耐久性を実現するゲーミングマウスパッドです。

製品価格

  • 臨 -RIN- 85,000円 (深さ0.5㎛以下のキサゲを意識した縦横特殊模様 鋼ハガネ製)
  • 兵 -PYO- 82,000円 (極微細な波形状を施し空気の層を生む点接触仕様 鋼ハガネ製)
  • 闘 -TOU- 62,000円 (軽量で滑りと止まりを意識したバランスタイプ マグネシウム合金)
  • 者 -SHA- 75,000円 (静摩擦0.1μ以下 動摩擦0.05μ以下の滑り性に特化 マグネシウム合金)

製品は受注生産方式での販売となり、初回は各10枚の在庫を用意予定と発表されています。

2019年10月10日(水)10時に専用の申し込みフォームが公開され、2~3ヶ月に納品となる予定です。

竹内型材研究所は「東京ゲームショウ2019」に出展し、来場者が製品を体験出来る機会を提供していました。個人的にも興味があったのですが、大会が重なり時間内にブースを訪れることが出来ませんでした。

Twitter等では、金属ならではの滑りやすさ、予想以上の止まりやすさに驚いたというような意見が多く見られました。

関連記事

超平面の金属製ゲーミングマウスパッド「NINJA RATMAT」が2019年10月より受注開始、価格は6万円以上を予定、「TGS2019」で製品体験コーナーを展開

情報元