全キーを交換可能なテンキーレスのゲーミングキーボード『Logicool G PRO Xゲーミングキーボード』を2019年11月14日(木)より発売開始

株式会社ロジクールから、全キーを交換可能なテンキーレスのゲーミングキーボード『Logicool G PRO Xゲーミングキーボード』が2019年11月14日(木)より発売開始となります。

PRO Xゲーミングキーボード

『PRO Xゲーミングキーボード』は、Logicool Gが展開している独自のキースイッチ3種類を自在に配置してカスタマイズすることが出来るテンキーレスのゲーミングキーボードです。

キーの種類

  • GX Blueクリッキー – 可聴クリック音とフィードバックの隆起
  • GX Redリニア – 静か + スムーズなキーストローク
  • GX Brownタクタイル – ソフト+ 静かな触知性の隆起

例えば、FPSで頻繁に移動する移動キーは静かな「GX Redリニア」、武器やグレネードはしっかりと切り替えが認識できる「GX Blueクリッキー」といったように、自分の好みに合わせて各キーをカスタマイズ出来ます。

ただ、標準キーは全て「GX Blueクリッキー」となっているため、他のキースイッチを組み合わせたい場合は2019年11月14日(木)より発売される「キースイッチキット」を別途購入する必要があります。

最近では、自作キーボードが人気となっており自分の好きなように配列やキースイッチをカスタムする人も増えています。

『PRO Xゲーミングキーボード』ではキー配置までは変えられませんが、キースイッチを変えられるというのは自分に合わせたスタイルを作り上げられるため、こだわりのあるゲーマーにはうれしい製品となりそうです。

製品価格

  • ロジクールG PRO X ゲーミングキーボード – 19,800円
  • GXクリッキー – 6,930円
  • GXタクタイル – 6,930円
  • GXリニア – 6,930円

岸大河 氏のコメント (ロジクールG ブランドアンバサダー/ゲームキャスター)

様々なキーボードを触ってきましたが、テンキーレスキーボードを好むがゆえに、初代のPROゲーミングキーボードを中心に使用していました。そのPROキーボードが、「PRO X」へと進化していくのは1ファンとして嬉しいものです。「PRO X」は好みのキースイッチへと切り替えることが可能なオプションがあることで、特定のキーだけ別のキースイッチにするといった新たなカスタマイズができるようになりました。

個人的な話で言えば、初期状態のクリッキーを数日触った段階でWASD周辺やシフトキー、スペースキーなどの主に使用するキースイッチを好みであるリニアへ。押下の癖なのか小指に力が入る傾向が分かり、疲労の負担も考えて馴染みのあるタクタイルへ変更しました。最近ではスペースキーもタクタイルへと変更しています。

ひとつのキースイッチのみでプレイしていた方々が大半を占めるかと思いますが、特定のキーを変更するのは案外パフォーマンスアップに繋がるということを自身の体験で知りましたので、皆さんも是非挑戦していただきたいです。私の場合は手の癖などを理解して異なるキースイッチをセットした例ですが、今後世界中のゲーマーが好むセットなどが発見されるかもしれません。皆さん好みのキーボードにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか!

情報元