新たな才能発掘を目指す『ESL Academy Dota 2』が賞金総額24万ドルで開催、予選上位選手の選抜チーム結成、プロのコーチングを経てファイナルを『ESL One』会場で実施

世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』が、新たな才能発掘を目指す『ESL Academy Dota 2』を開催すると発表しました。

ESL Academy Dota 2

『ESL Academy』は、まだプロになっていない新たな才能を発掘し、さらにその才能を開花させることを目指し、アメリカ・ヨーロッパを対象に実施されます。

「ESL」に加えて、Dota 2の戦績統計サイト「DOTABUFF」、良質なマッチメイキングを提供する「Reach」、そしてESLのDota 2イベントスポンサーとして知られるロジスティクスサービス「DHL」が協力し、下記のフローで進行されます。

ESL Academyの流れ

  • 2019年11月~2020年1月:「REACH.GG」のシステム上でオンラインマッチを実施 (アメリカ・ヨーロッパ)
  • 2020年1月:各リージョンのトップ40選手を対象にドラフトを行ないアメリカ×2、ヨーロッパ×2チームを結成
  • 2020年2月:プロによるコーチング(オンライン・DHLブートキャンプ)
  • 2020年3月:オフラインファイナル (ESL One内で実施)

プロによるコーチングを受けられ、さらにDota 2のファンが世界中から集う『ESL One』のステージでファイナルを実施出来るのは、プロを目指す欧米のDota 2プレーヤーにとってはかなり魅力的な内容ではないでしょうか。

Ulrich Schulze氏のコメント (ESL, Senior Vice President Product)

ヒーローへの道をゼロから創り出すことはESLのDNAに刻まれています。ESLのブランド目標を達成するために、Dota 2のオープンシステムを創り出す必要がありました。自宅でプレーする野心的なゲーマーに明確な道を作り出し、プロのeスポーツ環境でプレーする経験を積んでもらいたいと考えています。

情報元

ゲーム紹介