『Quake Pro League Season 1 Stage 1 Finals』で「Cooller」が優勝、プロリーグ初代王者に

『Quake Pro League Season 1 Stage 1 Finals』グランドファイナルで Russia Cooller 選手が Hungary RAISY 選手を下し優勝となりました。

Quake Pro League Season 1 Stage 1 Finals

『Stage 1 Finals』には、アメリカ・ヨーロッパで開催されたレギュラーシーズンに出場した20選手、オープン参加方式の『Quake Challengers』を勝ち抜いた4選手を合わせた24選手が出場。

シングルエリミネーション方式で進行され、決勝には33歳でQuakeシリーズのベテラン Russia Cooller 選手 と 24歳 Hungary RAISY 選手が進出。

世界のトッププロがプレーする『Quake Champions』はプレーに無駄が無く、「美しい」という感情が湧き上がってきます。Russia Coollerはベテランらしいマップコントロールとアイテム管理でしっかりと相手よりも有利な状況を作った上で、ライトニングガンの撃ち合いで削り勝つのがキル獲得の定番パターン。

さらに、敵が空中にいて回避が取れない時に削り落とすというシーンも多く、そういった状況を逃さない判断力が印象でした。

一方、Hungary RAISY 選手はLGで削り勝った後、Russia Cooller選手の装備が整う前に次々にキルを重ねる展開でスコアを稼ぎ追いかけるような流れでしたが、わずかに勝利には届かず。Russia Cooller選手が3-0のストレートで『Quake Pro League』の初代王者となりました。

グランドファイナル

  • Russia Cooller [3-0] Hungary RAISY [配信アーカイブ]
    • Russia Cooller [8-7] Hungary RAISY (Awoken)
    • Russia Cooller [16-07] Hungary RAISY (Corrupted Keep)
    • Russia Cooller [6-5] Hungary RAISY (Blood Covenant)

勝利者インタビューにおいて、Cooller 選手は以下のようにコメントしていました。

Cooller 選手のコメント

2009~2010年くらいからいつも2位や3位、またはそれ以下の成績。10年ぶりくらいに1位になりました。

Quakeというのはとても美しいのですが、一方で非常に不思議なゲームでもあります。
ですから、ご存じのようにトップを維持し続けるのは本当に難しいのです。

ですが、自分はどの大会でもベストを尽くしていますし、今回はタイトルを獲得しました。
ここまで長い道のりでしたので、このタイトルはふさわしいものだと感じています。

順位

  • 1位:Russia Cooller
  • 2位:Hungary RAISY
  • 3-4位:Belarus cYpheR
  • 3-4位:Germany k1llsen
  • 5-8位:United States rapha
  • 5-8位:United States DaHanG
  • 5-8位:United States psygib
  • 5-8位:Italy vengeurR
  • 9-12位:Ukraine Xron
  • 9-12位:Poland Av3k
  • 9-12位:Brazil nosfa
  • 9-12位:Russia baSe
  • 13-20位:United States Effortless
  • 13-20位:Sweden toxjq
  • 13-20位:Canada GNiK
  • 13-20位:Canada cha1n
  • 13-20位:United States dramiS
  • 13-20位:United States dooi
  • 13-20位:Estonia cnz
  • 13-20位:United States whaz
  • 21-24位:United Kingdom GaRpY
  • 21-24位:Sweden Spart1e
  • 21-24位:United States sib
  • 21-24位:United States br1ck

優勝候補の1人である United States rapha 選手は、準々決勝にて Belarus cYpheR 選手に敗退となりました。Belarus cYpheR 選手はオープン予選から勝ち上がってのベスト4と大躍進です。

今回のトップ20選手は11月17日からスタートするステージ2に出場。
21-24位の選手は、オープン予選となる『Quake Challengers』から再び本戦の出場を狙うことになります。

情報元

ゲーム紹介