2019年最後のPUBG大会『PJS Winter Invitational 2019』優勝は世界王者「Gen.G」、3度のドン勝獲得、2位に41ポイント差をつけ圧勝

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01874

PUBGの招待制大会『PJS Winter Invitational 2019』にて、世界王者 Korea Gen.Gが圧倒的な強さを見せ優勝しました。

PJS Winter Invitational 2019

『PJS Winter Invitational 2019』は、『PUBG JAPAN SERIES』の上位10チーム、人気投票上位2チーム、海外招待4チームを合わせた16チームが出場し、賞金総額1,000万円にて2019年12月29日(日)にシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで実施されました。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5121
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5108
本日のご宴席はPUBG Esports。

会場は1,000席が有料販売され完売。お金を払ってでも現地で大会を見たいPUBG好きが全国から集結しました。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5137
会場前の入場待ち行列。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5195
とんでもないPUBGファンが出ていますよいま!

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5391
S席はすぐ目の前で選手がプレーする様子を見ながら観戦することが出来ます

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5213
選手達は会場の入り口から登場。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5234
ド派手なCO2の演出もあり

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5315
選手達はレッドカーペットを通ってステージへ。ファンたちは、憧れの選手に声を掛けたりタッチで迎えたりとかなり嬉しそうな様子でした。

ここで個人的に嬉しかったのは、海外から来てくれた4チームにもファンから大歓声があったこと。『PUBG KOREA LEAGUE』は日本から観戦しているファンも多いですし、Korea DeToNator.KOREAは日本語で情報発信するほか、Thailand Armory Gamingは互換が似ていることから配信コメント等で「青森ゲーミング」として愛されており、チームは本体会に合わせてTwitterアカウント名に「青森ゲーミング」を入れてくれていたりと日本に馴染み深いチームということもありますが、PUBG Esportsのファンとして、全チームを分け隔て無く応援してくれたファンのみなさんは最高だと思いました。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5331
ステージにはチームのロゴ。ファンは全員総立ちで入場を楽しみました。

選手のプレーエリアは、メインステージの左右に分れて配置されています。
S席に座っている人は、目の前で選手達がプレーする様子を見ながら観戦を楽しむことが出来ました。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5391

世界王者 Gen.Gがドン勝3回、2位1回、47キルと圧倒的な強さを見せる

Korea Gen.Gが世界王者に相応しい圧巻のプレーを見せました。他チームよりも有利な展開が出来るポジショニング、驚異的なAmingは近距離はもちろん、なぜそこから当たるというような遠距離でも敵を撃ち抜き次々にキルとドン勝を獲得していきました。

Korea Gen.Gのあまりにも洗練された動きによって、PUBGが簡単なゲームに見えてしまうほど。「PUBGって運ゲーって聞いてたんですけど、全然違うじゃないですか」というような会話もいくつかあり、Gen.Gがいかに圧倒的に強いというインパクトを与えるプレーをしていたことが実感出来ました。

日本は、12月中旬に『Predator League 2020 Japan Round FINAL』で優勝した Japan DetonatioN Gaming Whiteが唯一のドン勝を獲得。また、Japan BLUE BEESや Japan V3FOXなどキルに繋がるプレーでポイントを獲得したチームが上位に食い込んでいました。

Round1ドン勝:Korea Gen.G

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01480

Round2ドン勝:Japan DetonatioN Gaming White

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01621

Round3ドン勝: Korea Gen.G (2回目)

Round4ドン勝:Thailand Armory Gaming

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01674

Round5ドン勝:Korea Gen.G (3回目)

この結果、Korea Gen.Gはトータル84ポイントを獲得し、43ポイントの2位 Japan DetonatioN Gaming Whiteに41ポイント差を付けての圧勝となりました。ちなみに、Korea Gen.Gは45キルを獲得しており、数字のみの結果論ではありますがこのキルポイントだけでも優勝出来たということになります。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01870

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01880

  • 1位:Korea Gen.G Esports – 84 ポイント (45キル) – 350万円
  • 2位:Japan DetonatioN Gaming White – 43 (27キル) – 200万円
  • 3位:Thailand Armory Gaming – 42 ポイント(24キル) – 100万円
  • 4位:Japan V3 FOX – 35 ポイント(28キル)
  • 5位:Japan BLUE BEES – 33 ポイント(24キル)
  • 6位:Korea OGN Entus Force – 32 ポイント(25キル)
  • 7位:Japan Sengoku Gaming – 32 ポイント(15キル)
  • 8位:Japan Rascal Jester – 31 ポイント(15キル)
  • 9位:Korea DeToNator.KOREA – 26 ポイント(22キル)
  • 10位: Japan Team RAYZE – 24 ポイント(14キル)
  • 11位:Japan SunSister – 16 ポイント(10キル)
  • 12位:Japan THE SHABLES – 12 ポイント(9キル)
  • 13位:Japan Crest Gaming Xanadu – 11 ポイント(11キル)
  • 14位:Japan ZOO Gaming – 11 ポイント(8キル)
  • 15位:Japan CYCLOPS athlete gaming – 11 ポイント(7キル)
  • 16位:Japan LAG Gaming – 10 ポイント(9キル)
  • MOST KILL: Korea Pio – Korea Gen.G Esports (16キル) 50万円

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01966

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01941

配信アーカイブ

ハイレベルな試合ながらも「PUBGらしい面白さ」が存分に詰ったシーンも登場

shibaf選手 in 草

ラウンド5ではJapan Rascal Jester の4人が集結する中、Japan SHABLESの Japan shibaf選手が1名生存で 草の中に潜み続け無事に生き残るというシーンが会場の笑いを誘いました。


キャスターの岸大河さんは「これは芝生(shibaf)ですね、いや、草ですね」と笑いのエッセンスを追加していました。

該当シーン:https://www.twitch.tv/videos/527740473?t=5h16m54s

水中での出会い

同じく5ラウンドでは、Thailand Armory Gamingの Thailand p1scezPRO 選手が、水中に潜み続ける順位を伸ばす作戦を実行。激しい撃ち合いが行なわれる中、1人で水中バカンスする様子を「優雅でいいですね~」と実況に拾われていましたが、これがまさかの伏線に。

1分後、近隣の川で撃ち合いとなった Japan Sengoku Gamingが水中に待避。そして、誰かが来るとも思っていない、そして潜んでいる先客がいるとも思わない Japan Sengoku Gamingの Japan XhanZ 選手が水中で鉢合わせをするという奇跡のシーンで伏線が回収されました。

該当シーン:https://www.twitch.tv/videos/527740473?t=5h23m10s

大会写真

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5400
会場を埋め尽くすファンたち

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01817
優勝カップ

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5462
ラウンド開始前のカウントダウンではこのような光景に。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01255
メインMCの平岩康佑さん

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01285
キャスター:岸大河さん

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01280
解説:釈迦さん。目の前にあるケンタッキーは本物とのこと。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01749
アナリスト:abaraさん ※ケンタッキーフライドチキン研究家の方ではありません

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5409
abaraさんのプレイバック解説を大画面で楽しむ選手達。普段の『PUBG JAPAN SERIES』では見られない光景。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5159
大会スポンサー・ケンタッキーは会場内で昼食を販売。

eスポーツ向けバッグ『MARKSMAN』のブースではアドバイザーのトンピ?さんが製品の魅力を紹介されていました

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5451
同じく『MARKSMAN』アドバイザーのabaraさんは公式配信内「アバネットあばら」コーナーで製品をアピール。自分が書いた紹介記事も合わせてよろしくお願いいたします。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5485
PUBGファンが書いたメッセージボード

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01970
YouTubeのスーパーチャット等で大会を支援したみなさんの名前がエンディングで全員分紹介されました。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5176
会場内にも掲示。

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC02021
ファンミーティングでポーズを決めてくれたTeam RAYZEのpureboy選手、satou 選手。来シーズンは ELEMENT.36 JAPAN のメンバーとして活動

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5487
S席特典・ファンミーティングの開始を待つファンのみなさん

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC_5516
どのチームのブースも大行列となっていました

20191229_Hisashi-Yoshimura_PWI2019_DSC01996
『PUBG JAPAN SERIES』の2020年シーズンは2月末からスタートします。

この他の写真は以下よりご覧ください。

大会写真

関連

ゲーム紹介