「6Million Dollar Echo Slam」で有名な『Dota 2』2015年世界王者「Universe」選手が引退を発表

20191020_Alex-Maxwell_DreamhackRotterdamnDreamleague_0005

Ninjas in Pyjamasを脱退した United States Saahil “Universe” Arora 選手が、Dota 2競技シーンからの引退を発表しました。

『Dota 2』2015年世界王者「Universe」選手が引退を発表

Ninjas in Pyjamasは4月上旬に United States Universe選手との契約終了を発表
新たな所属先が気になるところでしたが、United States Universe選手は引退の道を選びました。

United States Universe選手は2015年の世界大会『The International 2015』に United States Evil Geniusesの一員として出場し見事に優勝を達成。ラストゲームでは、試合を決定付けるスーパープレー・通称「6Million Dollar Echo Slam」を決めて世界一に貢献しました。

2015年優勝当時のチームメイトで同じくNinjas in Pyjamasに所属していたppd選手も、先日引退を発表しています

Universe 選手のコメント

競技Dota 2からの引退を決めました。人生で何かに取り組む時にはオールorナッシングを選択するタイプの人間で、Dota 2もまさにその通りでした。この10年間、Dota 2の競技に全てを費やし、それは素晴らしい経験でした。そして、他に興味を持ち、次に取り組むべきことを探す時がやってきました。ファンのみなさん、これまでのチームメイトのみなさん、忘れることはない素晴らしい思い出をありがとうございました。

関連記事

『Ninjas in Pyjamas』Dota 2部門からオフレーン担当の「Universe」選手が脱退

Dota 2世界大会『The International 2015』でEvil Geniusesが優勝、優勝賞金は約8億円

情報元

ゲーム紹介