eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

マウスレビューYouTuber「Rocket Jump Ninja」デザインのゲーミングマウス『Xtrfy MZ1 – Zy’s Rail』が登場、定番とは異なる形状を採用

スウェーデンを拠点とするゲーミングデバイスブランド『Xtrfy』が、マウスレビューYouTuberである Zy “Rocket Jump Ninja” Rykoa氏デザインのゲーミングマウス『Xtrfy MZ1 – Zy’s Rail』を発表しました。

Xtrfy MZ1 – Zy’s Rail

「Rocket Jump Ninja」氏はYouTubeにおけるマウスレビュー150以上、所有マウス250個以上、FPSプレー歴20年以上というゲーマーです。今回その活動経験を活かし『Xtrfy MZ1 – Zy’s Rail』のマウスデザインを担当しました。

最高のAimを実現するにはマウスの形状が重要というRocket Jump Ninja氏は、自分の手をベースに粘土モデルから形状を検討し、代わり映えしない一般的なデザインとは異なるマウスを作り上げました。

近年のトレンドである軽量化にも対応し、重量は58グラム。また、ソフトウェアを必要とせず、マウス裏面に付けられたボタンから各種設定を切り替え可能な仕組みとなっています。

Rocket Jump Ninja氏のコメント

最高のAimを求めるならば、動きを妨げることのない形状が必要です。Shape is king(形状が王様です)。しかし、最近手にする多くのマウスは、過去の形状を踏襲したものばかりです。性能はより良くなっていますが、形状はほとんど変わりません。新しく、フレッシュなデザインが必要とされています。

そこで、最高のマウスを作るための理論を試してみることにしました。細いグリップ幅、低いボタンの高さ、高めのマウス後部、サイドの絶妙な湾曲、ボタンを快適にする溝など。幸いなことに、これらの理論は正しいものでした。こんなに良い物になるとは、思ってもいませんでした。

スペック

  • Pixart 3389センサー搭載
  • 重量:58グラム
  • サイズ:縦111mm×幅52.5mm×高さ36.5mm
  • ケーブル:Xtrfy EZcord (パラコード)
  • ソール:PTFE製
  • CPI:400–16000
  • ポーリングレート:125/500/1000 Hz
  • トラッキング速度: 400IPS
  • 最大加速度: 50G
  • RGBライティング対応

製品名の「Zy’s Rail」は、マウスの快適なグリップやAimngをサポートするために付けられたレールと、Rocket Jump Ninja氏がNo.1ゲームというQuakeシリーズの武器・レールガンをリスペクトして付けられた名称とのこと。

価格は$79.00で、2020年2月より予約が受付開始となります。

ゲーミングデバイスファンならば誰もが夢見る「自身が考えた最強マウス」が実現したのは、Rocket Jump Ninja氏が継続してレビュー活動を続けて来たからこそ。

プロゲーマーではなくデバイスファンが手がけたマウスの使い心地がいかほどのものか気になります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!