eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『SteelSeries』が創業20周年、1年に渡り記念キャンペーンを開催

デンマークで立ちあげられたゲーミングデバイスブランド『SteelSeries』が創業20周年となり、2021年2月1日から1年に渡り記念キャンペーンを開催すると発表しました。

『SteelSeries』が創業20周年キャンペーン

今回の発表に合わせて記念動画を公開。

さらに、『SteelSeries』がスポンサーを務めるeスポーツチームを招待するCS:GO大会『SteelSeries Invitational』が、日本時間2月2日(火)23時より実施予定です。

当サイトで振り返ってみたところ、『SteelSeries』に関連する記事を掲載していたのは2003年からでした。

SteelSeriesの歴史 (プレスリリースより)

SteelSeriesは2001年にデンマークで設立されました。当初は、ハードコアゲーマーが求めるマウスパッドの需要を満たすべく、ほこりが付きづらい、革新的なガラス製マウスパッド「Icemat」を発売しました。

当時、コペンハーゲン在住のCounter-Strikeプレイヤーであった、SteelSeriesファウンダーのJacob Wolff-Petersenは、ほこりが付きやすくAimのしづらい、一般的なマウスパッドを使用していました。しかし他のプレイヤーと違い、Jacob Wolff-Petersenは、ほこりが付きづらく、精密なコントロール性を備えた、世界初のFPSゲーマー向けのガラス製マウスパッドを発売しました。

その最初のイノベーション以来、SteelSeriesは世界初のメカニカルゲーミングキーボード、世界初のゲーミングオーバーイヤーヘッドセット、収納式マイクを備えたヘッドセット、世界初のWarcraft MMOマウスなど、終わりなき数々のイノベーションを起こし続けてきました。

2001: 世界初のゲーミングマウスパッド
2002: Esportsプレイヤーとのコラボレーションをした、世界初のブランド
2002: Esportsイベントをスポンサーした、世界初のブランド
2004: 世界初のゲーミングヘッドセット
2006: 世界初のメカニカルゲーミングキーボード
2008: 世界初のゲーム用周辺機器向けオンラインソフトウェア
2018: 世界初のゲーム用ハイレゾオーディオシステム
2019: 世界初の磁気センサーによる、アクチュエーションポイント設定機能搭載キーボード

関連記事

「SteelSeriesはどこから来てどこへ向かっていくのか?」レポート、新製品情報、EGももち&チョコのインタビューも

Ehtisham Rabbani氏のコメント(SteelSeries, CEO)

SteelSeriesの20年間は、イノベーション、数多くの『世界初』、そしてプロプレイヤーとの真のコラボレーションによって特徴づけられています。さらにSteelSeriesは、グローバルなEsportsシーンを作り上げ、その急激な成長を支援してきました。また、今後数年に渡って業界水準となるような製品とソフトウェアのイノベーションによって、広大なゲーミングの世界において、新たなフロンティアを築くべく懸命に努力を続けています。SteelSeriesと共に、すべてのゲーマーがスターのような気分になれること、そしてSteelSeriesが、ほとんどの人が想像していたよりも遥か遠くまで、ゲーミングというものを押し上げていくだろうと確信しています。

Jacob Wolff-Petersen氏のコメント(SteelSeries, ファウンダー)

この会社のミッションは、創業当初から何も変わっていません。それは、『世界で最も厳しい要求を出す”ゲーマー”という消費者グループに応える製品を開発すること』。このミッションは”Winning Is Everything”という初期のキャンペーンスローガンにもつながっており、このスローガンは、常にSteelSeriesのコアバリューであり続けています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!