eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『DeToNator』が開発に協力、AI画像解析を活用するコーチングプラットフォーム『Omnicoach』が『Valorant Challenge』のベータ版体験者100名を募集

AI画像解析を活用するコーチングプラットフォーム『Omnicoach』が、『VALORANT』向けサービスのベータ版体験者募集を開始しました。

Omnicoach Valorant Challenge

『Omnicoach Valorant Challenge』のベータ版では、ミニゲーム感覚の課題を用意し、プレイ動画をアップロードすることで動画内のキルシーンや特定のアビリティを使用したシーンをなどをAIが自動識別して達成率を表示。これらを元にプレーを振り返り、改善することが可能となる仕組みです。

応募サイトによると、下記のようなクエストが用意されているとのこと。

Weapon Challenge

ピストル、ライフル​、スナイパーライフル、ショットガンなど各カテゴリー武器に関するクエスト。

Team Challenge

​チーム内でのキル率や、死亡率で高スコアを目指すクエスト。

Skill Challenge

壁を抜いて敵を倒す、壁抜きでのキル数や、トレードキルなどを競うクエスト。

Headshot Challenge

全体のキルの中での、ヘッドショット率や回数を競うクエスト。

このサービスの開発には、プロゲーミングチーム『DeToNator』が協力しています。
2021年2月24日~26日に行なわれた『eスポーツ ビジネス ワールド』のウェルプレイド・ライゼストにDeToNator代表の江尻勝氏が登壇し、このサービスについての紹介を行なっていました。

残念ながら動画アーカイブは非公開となっているので正確な言葉でその内容を紹介出来ないのですが、1人のコーチが教えられる人数には限りがありますが、この仕組みを使えばシステムを通じて多くのプレーヤーをコーチングできるほか、コーチする際のサポートツールとして活用することが出来るといったメリットがあると説明されていたと記憶しています。

ベータ版体験者の応募は、下記のフォームから行なうことが出来ます。

応募

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!